コンテンツガイドの登録・更新情報/若王子倶楽部 左右 若王子倶楽部 左右 ~ラヴェンナの風にのって~ 2017/09/21 tag:sayuu.jp-items,1505977618 <div style=""><font style="font-size: small;">「イタリアのエッセンスを暮らしに」<br>  ~ラヴェンナの風にのって~</font></div><div style=""><font style="font-size: small;"><br></font></div><div style=""><font style="font-size: small;">人生をもっと心豊かに生きてみたい!<br>でも、ふと立ち止まるとどうしたらいいのか<br>わからないことは、ありませんか?</font></div><div style=""><font style="font-size: small;">美しい芸術の町、ラヴェンナ。<br>作家・藤平三穂さんはそこで、新たな人生の<br>扉を開きました。イタリアで柔軟な発想・色彩感覚を<br>身につけてこられたからこそ、焼物作りをする中で<br>様々な苦しみを自分と向き合うことで、乗り越えて<br>こられました。昔、読んだ絵本にでてくるような温かい<br>作風は、心をほっとさせてくれます。</font></div><div style=""><font style="font-size: small;">今回は、日本でなかなか見ることができない美しい<br>ラヴェンナのモザイクガラスや作品を実際に見ながら、<br>人生の楽しみ方や生き方にも通じるイタリアの<br>エッセンスを感じて頂けるイベントです。<br>イタリアをイメージしたお菓子とお茶を召し上がりながら、<br>お楽しみください☆<br> </font></div><div style=""><font style="font-size: small;">日時:10月14日(土) 14時~<br>ゲスト:藤平三穂さん<br>場所:若王子倶楽部 左右2F(1Fは藤平さんの企画展開催)<br>会費:1,500円(税込)<画像のような焼き菓子数種+お茶付><br>定員:10名(予約制)</font></div><div style=""><font style="font-size: small;">ご予約&お問合わせ<br>メール:info@sayuu.jp   電話075-708-2086</font></div><div style=""><font size="2" style=""></font></div> 2017-09-21 2017-09-21 2017-09-21 「イタリアのエッセンス」 2017/09/17 tag:sayuu.jp-items,1505635549 <div style=""><font style="font-size: small;">ヴェネツィアの南、アドリア海に面した古都、</font></div><div style=""><font size="2">ラヴェンナ。5世紀から6世紀頃、ビザンチン文化と</font></div><div style=""><font size="2">素晴らしいモザイク芸術で有名で、世界の人々から</font></div><div style=""><span style="font-size: small;">“美しい芸術の町”として称賛されています。<br>そんな町でイタリアモザイクと運命的な出会いを</span><br></div><div style=""><font size="2">した藤平三穂さんの企画展を開催致します。</font></div><div style=""><font size="2">柔軟な発想の源に触れ、色彩感覚の豊かさや</font></div><div style=""><font size="2">バランスを身につけた彼女が創りだす世界は、</font></div><div style=""><font size="2">細やかな色彩と上品で可愛らしく、胸が弾みます。</font></div><div style=""><font size="2"><br></font></div><div style=""><font size="2">陶器とイタリアガラスやビーズを組み合わせたり、</font></div><div style=""><font size="2">絵本の中にでてくるような楽しい作品を是非、</font></div><div style=""><font size="2">お楽しみください☆</font></div><div style=""><font size="2"><br></font></div><div style=""><font size="2">「うつわの世界」 第四回 藤平三穂氏</font></div><div style=""><font size="2">会期: 10月5日(木)ー10月16日(月)</font></div><div style=""><font size="2">11:00-18:00 定休日 火・水曜日</font></div><div style=""><font size="2" style="">最終日は15:00まで</font></div> 2017-09-17 2017-09-17 2017-09-17 「月明かりのもと、一献」 2017/09/07 tag:sayuu.jp-items,1504771888 <div>日本酒は、同じお酒でも温度によって<br>異なる味わいになるそうです。</div><div><br>朝晩、少し肌寒く感じるこの季節。<br>10度くらいの“花冷え”と呼ばれる温度で<br>いただくと、吟醸酒などは香りが甘く、<br>華やかに。</div><div><br>お好みの温度で一献、傾けては<br>いかがですか☆</div><div>〈Work by Nobuhito & Saeko Nakano〉</div> 2017-09-07 2017-09-07 2017-09-07 「截金とチョコレート」 2017/08/26 tag:sayuu.jp-items,1503727481 <div>木の器に色鮮やかな一粒のチョコレートを<br>のせてみると、スペシャルな一皿になりました!</div><div>〈Work by Nobuhito & Saeko Nakano〉</div> 2017-08-26 2017-08-26 2017-08-26 薄明かりの余情 2017/08/21 tag:sayuu.jp-items,1503278815 <div>明るい場所で見る器と薄明かりの中で見る器では<br>時の流れが変わるような気がします。<br>密やかに光る金の美しい透け感は余情を誘い、<br>時を重ねると、とろりとした艶が表れる作品です。</div><div>〈work by Junko Saijou〉</div> 2017-08-21 2017-08-21 2017-08-21 截金ひねり蓋香合 2017/07/25 tag:sayuu.jp-items,1500949374 <div>「温かな木目に静かに輝く金の紋様」</div><div>神代欅をロクロで挽き、その木地に截金(きりかね)を<br>施した作品です。<br>截金とは金箔や銀箔、プラチナ箔を数枚焼き合わせ、<br>細く直前状に切ったものを、筆を用いて貼り、<br>文様を表現する伝統技法です。<br>朝鮮半島や中国大陸から仏教芸術とともに、7世紀半ばの<br>飛鳥時代に日本に伝わり、日本独自の発展を遂げてきました。<br>仏教芸術の枠を越え、工芸の世界に溶け込んでいった截金。<br>美術に精通する中国の方が、驚きと深い感動を覚え、<br>新たな展開がここ左右で生まれようとしています。</div><div>ふわりと木目に浮かび上がる金の糸。<br>目に見える文様の先に、澄み渡る世界が広がります。 </div> 2017-07-25 2017-07-25 2017-07-25 「夏色のうつわ」 2017/07/17 tag:sayuu.jp-items,1500258855 <div><font size="2">透き通るような、爽やかな白磁に染付といわれる</font></div><div><font size="2">技法を用いて描かれた波小皿。</font></div><div><font size="2">吸い込まれそうな波のうねり、藍の色。</font></div><div><font size="2"><br></font></div><div><font size="2">染付は17世紀頃、中国から日本に伝わりました。</font></div><div><font size="2">昔と同じように登り窯で焼かれ、手描きのため、</font></div><div><font size="2">独特の世界を醸し出しています。</font></div><div><font size="2">裏から見ると、染付が透けて見えるほどの薄さは</font></div><div><font size="2">手でろくろをひき、削り出しをしていない職人技。</font></div><div><font size="2">人の手によって作りだされる世界は無限の広がりを</font></div><div><font size="2">感じさせてくれます。</font></div><div><font size="2"><br></font></div><div><font size="2">【染付波小皿 work by Tosai Sawamura】</font></div> 2017-07-17 2017-07-17 2017-07-17 「喜茶美山尽茶会」report 2017/06/18 tag:sayuu.jp-items,1497761736 <div><font size="2">* *「喜茶美山尽茶会」report * * * * *</font></div><div><font size="2">昨日、京都美山町で作陶されている市岡和憲氏が</font></div><div><font size="2">もてなす茶会が若王子倶楽部左右にて開催されました。</font></div><div><font size="2">美山のかぶせ茶と市岡氏お手製の鮎の和菓子を頂き</font></div><div><font size="2">ながら、和やかな雰囲気のイベントとなりました。</font></div><div><font size="2">煎茶の香り豊かな味わい、眩しいほどの緑、鳥の声、</font></div><div><font size="2">楽しい会話・・・</font></div><div><font size="2">ご参加頂きました皆様、有難うございました。</font></div> 2017-06-18 2017-06-18 2017-06-18 6月16日(金) 「喜茶美山尽茶会」 2017/06/10 tag:sayuu.jp-items,1497062317 <div><font size="2">* ♪ * Event * ♩* ♪ * ♫ * ♪ *♩ * ♪ * ♬ * ♩</font></div><h6><font size="2">6月16日(金) 14:00から ー 心穏やかな時が流れる ー<br></font><font size="2">「喜茶美山尽茶会」を開催いたします☆</font></h6><div><font size="2">* ♪ * ♩* ♪ * ♫ * ♪ *♩ * ♪ * ♬ * ♩* ♪ *</font></div><div><font size="2">只今、開催中の第三回「うつわの世界」で</font></div><div><font size="2">スポットを当てている市岡和憲氏は、</font></div><div><font size="2">もともと煎茶道具の窯元・村田亀水氏に</font></div><div><font size="2">師事していたこともあり、現在でも煎茶道を</font></div><div><font size="2">嗜まれています。</font></div><div><font size="2">この度、京都の美山町で栽培された美山かぶせ茶を</font></div><div><font size="2">使い、市岡氏のみたてによる器、山野草、菓子など、</font></div><div><font size="2">美山の魅力いっぱいの茶会を開催いたします。</font></div><div><font size="2">肩の力を抜いて、心穏やかな時を市岡氏との</font></div><div><font size="2">語らいの中で感じていただける茶会です。</font></div><div><font size="2">皆様のご参加をお待ちしております☆</font></div><div><span style="font-size: small;">日時:6月16日(金)14:00-</span></div><div><span style="font-size: small;">場所:若王子倶楽部 左右 2階</span></div><div><span style="font-size: small;">定員:8名(予約制)</span></div><div><span style="font-size: small;">会費:1,000円(お茶、菓子付)</span></div><div><span style="font-size: small;">【お問合せ&ご予約】</span></div><div><span style="font-size: small;">電話:075-708-2086  </span></div><div><span style="font-size: small;">メール:info@sayuu.jp</span></div> 2017-06-10 2017-06-10 2017-06-10 うつわの世界 第三回 2017/06/07 tag:sayuu.jp-items,1496795921 <h4 style="font-size: small;"> うつわの世界</h4><div style="font-size: small;"><font size="3">京都で活躍する陶芸作家にスポットを当て、“うつわ”から生まれる使い手と紡ぐ物語「うつわの世界」の企画展を開催いたします。作家のモノづくりの背景、器の向こう側に広がる世界や作品が出来上がるまでの物語を使い手と分かち合い、もう一度心豊かな暮らしを見つめ直すきっかけになれば、と思います。</font><font size="3"><br></font></div><div style="font-size: small;"><br></div><div>//</div><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><font face="HG正楷書体-PRO" size="3">第三回 </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 8</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">-</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">19</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)</font></span><font size="3"> 市岡 和憲さん</font><b></b><i></i><u></u><sub></sub><sup></sup><strike></strike><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><br></font></span></font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> 煎茶道具の窯元である村田亀水氏に師事し、<br>現在は自然豊かな京都、美山町で作陶されて<br>いる市岡氏は、和菓子屋の家に生まれ育ちました。<br>子どもの頃から菓子作りの手伝いをしてきたため、<br>もの作りをする中で、その経験が作品に大きく影響<br>しているといいます。<br>手でろくろを挽き、磁器の急須を作る数少ない作家の<br>ひとりで、作品に銘を入れずとも自分の作品とわかる<br>ものを、と精進の毎日を過ごされています。</font></span></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3">今回は様々な作風の豆皿を中心とした作品を展示致し<br>ます。お菓子をいただく時やお香を焚く時など、<br>楽しんで使って頂けるものを取りそろえております。<br></font></span></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;">市岡さんのインタビュー記事は<a href="http://www.sayuu.jp/p009_detail.html?num=12" target="_blank">こちら</a><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> </font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><br> <br></font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> 今秋には、林紅村さん、藤平三穂さん、他を予定しています。</font></span></p><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"> どうぞ、お楽しみください。</p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3">第一回は</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">5</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">11</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">- </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">22</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)<a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E5%8A%A0%E8%97%A4%E3%80%80%E6%B3%B0%E4%B8%80%E3%80%80%2F+Kato%E3%80%80Hirokazu%E3%80%80" target="_blank">加藤 泰一</a></font></span><font size="3">さん</font></span><font face="HG正楷書体-PRO"> <br>インタビュー記事は<a href="http://www.sayuu.jp/p009_detail.html?num=10" target="_blank">こちら</a><br></font></p></font></span><div><font size="2"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3">第二回は</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">5</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">25</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">-</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 5</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)</font></span><font size="3"><a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E7%89%87%E5%B1%B1+%E9%9B%85%E7%BE%8E%E3%80%80%2F+Masami+Katayama">片山 雅美</a>さんでした。<br><font size="2">インタビュー記事は</font><a href="http://www.sayuu.jp/p009_detail.html?num=11" target="_blank"><font size="2">こちら</font></a><b></b><i></i><u></u><sub></sub><sup></sup><strike></strike><br></font></span></font></span></font></div><div><br></div> 2017-06-07 2017-06-07 2017-06-07 うつわの世界 第二回 2017/05/24 tag:sayuu.jp-items,1495597344 <h4 style="font-size: small;"> うつわの世界</h4><div style="font-size: small;"><font size="3">京都で活躍する陶芸作家にスポットを当て、“うつわ”から生まれる使い手と紡ぐ物語「うつわの世界」の企画展を開催いたします。作家のモノづくりの背景、器の向こう側に広がる世界や作品が出来上がるまでの物語を使い手と分かち合い、もう一度心豊かな暮らしを見つめ直すきっかけになれば、と思います。</font><font size="3"><br></font></div><div style="font-size: small;"><font size="3"><br></font></div><div>//<p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3">第二回 </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">5</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">25</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">-</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 5</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)</font></span><font size="3"> 片山 雅美さん<br></font></span></font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> インタビュー記事は<a href="http://www.sayuu.jp/p009_detail.html?num=11" target="_blank">こちら</a><br></font></span></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> <br></font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> </font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> <br>第三回 </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 8</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">-</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">19</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)</font></span><font size="3"> 市岡 和憲さん<br> <br></font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> 今秋には、林紅村さん、藤平三穂さん、他を予定しています。</font></span></p><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"> どうぞ、お楽しみください。</p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3">第一回は</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">5</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">11</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">- </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">22</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)<a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E5%8A%A0%E8%97%A4%E3%80%80%E6%B3%B0%E4%B8%80%E3%80%80%2F+Kato%E3%80%80Hirokazu%E3%80%80" target="_blank">加藤 泰一</a></font></span><font size="3">さんでした。</font></span></p><p style="margin: 0px; text-indent: 0mm;"><font face="HG正楷書体-PRO">   インタビュー記事は</font><a href="http://www.sayuu.jp/p009_detail.html?num=10" target="_blank">こちら</a></p></font></span>//<font size="2"><b></b><i></i><u></u><sub></sub><sup></sup><strike></strike></font><br></div> 2017-05-24 2017-05-24 2017-05-24 Timeline Photos5-22 2017/05/23 tag:sayuu.jp-items,1495090216 「うつわの世界」第一回京焼・加藤泰一氏一点ずつ彫を施していく青磁彫文鉢。穏やかな、独特の美しさをを放ちます。5月21日(日)13時から17時頃まで加藤泰一氏が在廊いたします。是非、この機会に加藤氏との語らいをお楽しみください。会期:5月22日(月)まで開催11:00-18:00火・水曜日定休日 2017-05-23 2017-05-23 2017-05-23 Photos from 若王子倶楽部左右's post5-21 2017/05/23 tag:sayuu.jp-items,1495025687 「うつわの世界」第一回京焼・加藤泰一氏飾りたくも使いたくもなる、玉を繋げたような曲線の徳利。ゆったりと一献、特別なひとときになりそう。会期第一回5月22日(月)まで11:00-18:00火・水曜日定休日 2017-05-23 2017-05-23 2017-05-23 Photos from 若王子倶楽部左右's post5-20 2017/05/23 tag:sayuu.jp-items,1494861074 「うつわの世界」第一回京焼・加藤泰一氏陽の光に照らされ、文様の奥行きが美しく浮かび上がります。この何とも言えない優しい表情は、心をそっと解きほぐしてくれるかのようです。会期:第一回5月22日(月)まで11:00-18:00火・水曜日定休日 2017-05-23 2017-05-23 2017-05-23 うつわの世界 第一回 2017/05/24 tag:sayuu.jp-items,1494210805 <h4 style="font-size: small;"> うつわの世界</h4><div style="font-size: small;"><font size="3">京都で活躍する陶芸作家にスポットを当て、“うつわ”から生まれる使い手と紡ぐ物語「うつわの世界」の企画展を開催いたします。作家のモノづくりの背景、器の向こう側に広がる世界や作品が出来上がるまでの物語を使い手と分かち合い、もう一度心豊かな暮らしを見つめ直すきっかけになれば、と思います。</font><font size="3"><br></font></div><div style="font-size: small;"><font size="3"><br></font></div><div>//<p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3">第一回は</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">5</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">11</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">- </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">22</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)<a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E5%8A%A0%E8%97%A4%E3%80%80%E6%B3%B0%E4%B8%80%E3%80%80%2F+Kato%E3%80%80Hirokazu%E3%80%80" target="_blank">加藤 泰一</a></font></span><font size="3">さんです。</font></span></p><p style="margin: 0px; text-indent: 0mm;"><font face="HG正楷書体-PRO">   インタビュー記事は</font><a href="http://www.sayuu.jp/p009_detail.html?num=10" target="_blank">こちら</a></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><br></font></span></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><br></font></span></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"><br></font></span></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> <br></font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3">第二回 </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">5</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">25</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">-</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 5</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)</font></span><font size="3"> 片山 雅美さん<br> </font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> <br>第三回 </font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 8</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">木</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">) </font></span><font size="3">-</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3"> 6</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">19</font></span><font size="3">日</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">(</font></span><font size="3">月</font><span lang="EN-US" style="margin: 0px;"><font size="3">)</font></span><font size="3"> 市岡 和憲さん<br> <br></font></span><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> 今秋には、林紅村さん、藤平三穂さん、他を予定しています。</font></span></p><p style="font-size: small; margin: 0px; text-indent: 0mm;"><span style="margin: 0px; font-family: HG正楷書体-PRO;"><font size="3"> どうぞ、お楽しみください。</font></span></p>//<font size="2"><b></b><i></i><u></u><sub></sub><sup></sup><strike></strike></font><br></div> 2017-05-24 2017-05-24 2017-05-24 片山 雅美 / Masami Katayama 2017/05/24 tag:sayuu.jp-items,1461675533 <div></div><div><br></div><div>1950年 京都市生まれ<br>1970年 京都市工業試験場<br>        終了後、西川實氏の内弟子となる<br>1977年 独立(山科に山雅窯)</div><div>    京都工芸美術作家協会展知事賞、京展市長賞・楠部賞、<br>    日本新工芸展市長賞・知事賞、日展特選受賞など。<br>    現在、日展会友、日本新工芸家連盟理事、京都工芸美術作家<br>           協会理事</div> 2017-05-24 2017-05-24 2017-05-24 加藤 泰一 / Kato Hirokazu  2016/06/07 tag:sayuu.jp-items,1464742645 <table><tbody><tr><td width="70">1964年</td><td>京都に生まれる</td></tr><tr><td width="70">1986年</td><td>同志社大学卒業後、/京都府立陶工職業訓練校 成形科(主に陶器成形)に入学</td></tr><tr><td width="70">1987年</td><td>同校 専攻科(主に磁器成形)入学</td></tr><tr><td width="70">1988年</td><td>京都市立工業試験場 研修コース(主に釉薬研修)に入学</td></tr><tr><td width="70">1989年</td><td>イタリア国立ファエンツァ陶芸専修校 1PAM(マヨリカ科)</td></tr><tr></tbody></table>/以後、京都、東京をはじめ全国各地のデパート、ギャラリーにて/個展・グループ展を開催。 2016-06-07 2016-06-07 2016-06-07 Timeline Photos4-20 2017/05/23 tag:sayuu.jp-items,1487235339 備前焼の伊勢崎伸さん、岡山県需要無形文化財保持者の父、満さんから薫陶を受けられ、様々な焼成方法で備前焼の可能性を追求し続けておられます。野の花を愛し、自らの作品に生けることを趣味とされる伊勢崎さんの花入れをお求めになった神奈川県の女性が、ご自身で生けた写真を送ってくださいました。「花を生けても、生けなくても色んな部屋に馴染んでくれる」と仰り、ご自宅の様々なステージでこの伊勢崎さんの花入れが活躍しているそうです。人の手と土、炎がおりなす備前焼の世界、伊勢崎さんの新作が近く左右に届く予定です。 2017-05-23 2017-05-23 2017-05-23 Photos from 若王子倶楽部左右's post4-10 2017/05/23 tag:sayuu.jp-items,1484811651 五条坂から清水寺に繋がるちゃわん坂、明治時代には五条京阪のあたりまで続いており京焼・清水焼の工房が軒を連ねたとっても賑やかな通りだったそうです。3代澤村陶哉さんの工房もこのちゃわん坂にあり、今年は初代陶哉から100年という節目の年となります。中国では神獣・霊獣と言われ、皇帝のシンボルとして扱われた龍と鯉を描いた澤村陶哉さんの蓋物「染付鯉龍文」、家族や友人らが集い、料理を囲んで幸せなひとときを共有していただきたいとの願いを込めて製作されました。 2017-05-23 2017-05-23 2017-05-23 新年 2017/01/15 tag:sayuu.jp-items,1484447249 新年明けましておめでとうございます。<div>今年は大政奉還150年、そして来年は明治維新から150年、日本が、そして京都が大変革した年でした。不確実な年とされる2017年、そんな年だからこそまず家族や友人、仲間たちと幸せが共有できる、そして異なった価値観を持つ方々と交流できる年にしたいと考えています。そんなあたりまえのことが毎日の暮らしで実感できる、そんな”場“づくりのお手伝いをさせていただきたいと思います。厳冬の時期、若王子俱楽部左右では、金・土・日・月の4日間、11時~17時の開店とさせていただきます。その間、つくる人と使う人を繋ぎながら日本文化を支えてきた“工芸”を真正面から捉え、工芸ファンを増やすような企画を練ることに致します。</div><div>本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。</div> 2017-01-15 2017-01-15 2017-01-15 年末年始 2016/12/16 tag:sayuu.jp-items,1481879046 <span style="font-weight: bold; font-size: large;">年末年始のお休みのお知らせ</span><div style="font-size: small;"><br></div><div><span style="font-size: small;">  </span>★12月27日~1月6日までお休みさせていただきます。</div><div style="font-size: small;"><br></div><div><span style="font-size: small;">      </span>年始は7日11時より開店致します。</div><div>     ご来店お待ち申し上げます。</div><div style="font-size: small;"><br></div> 2016-12-16 2016-12-16 2016-12-16 企画展ご報告と年内の開店のお知らせ 2016/11/29 tag:sayuu.jp-items,1480323338 <span style="font-family: " MS="" 明朝",="" serif;="" font-weight:="" bold;"="">企画展ご報告と年内の営業日のお知らせ</span><div style="font-size: small;"><span style="font-size: 10.5pt; font-family: " MS="" 明朝",="" serif;="" font-weight:="" bold;"=""><br></span></div><div style="font-size: small;"><p class="MsoNormal"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"="">企画展「お茶のある暮らしを愉しむ」では、ほっと一息できる時間をお茶とともに生み出してほしいという、私どもからの提案でした。</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"="">期間中開催したお茶会では、作り手と使い手、そして中国からの方も参加され、楽しい文化交流となりました。  </span>わが国最後の文人画家で、煎茶を楽しんだ田能村直入の寓居跡で、今後もさまざまな交流を広げたいと考えています。</p><p class="MsoNormal"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"=""><br></span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:10.0pt;/font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:="" century;mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;="" mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;mso-bidi-language:ar-sa"="">京都の紅葉もそろそろ見納めです。若王子倶楽部左右では、年内下記のような日程で皆様のお越しをお待ちしています。</span><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"=""><br></span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:10.0pt;/font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:="" century;mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;="" mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;mso-bidi-language:ar-sa"="">         <span style="text-decoration: underline; font-weight: bold;">開店日時 :  金・土・日・月   </span></span><span style="text-decoration: underline; font-weight: bold;"><span lang="EN-US" style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:10.0pt;font-family:" century","serif";="" mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";="" mso-font-kerning:1.0pt;mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;="" mso-bidi-language:ar-sa"="">11</span><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:/10.0pt;font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:="" century;mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;="" mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;mso-bidi-language:ar-sa"="">時~</span><span lang="EN-US" style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:10.0pt;font-family:" century","serif";="" mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";="" mso-font-kerning:1.0pt;mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;="" mso-bidi-language:ar-sa"="">17</span><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:/10.0pt;font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:="" century;mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;="" mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;mso-bidi-language:ar-sa"="">時</span></span><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:10.0pt;/font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:="" century;mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;="" mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;mso-bidi-language:ar-sa"=""><br></span></p><p class="MsoNormal"><span style="text-decoration: underline; font-weight: bold;"><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:/10.0pt;font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:="" century;mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;="" mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;mso-bidi-language:ar-sa"=""><br></span></span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"="">   ※年末年始につきましては、改めてお知らせ致します。</span><span lang="EN-US"><o:p></o:p></span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"="">   ※また打ち合わせなどで外出する場合がありますので、</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"="">    下記宛ご連絡いただければありがたいです。</span><span lang="EN-US"><o:p></o:p></span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-font-family:="" century;mso-hansi-font-family:century"="">       ☎ </span><span lang="EN-US">075-213-1463  <o:p></o:p></span><span MS="" 明朝","serif";="" mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:century;mso-bidi-font-family:="" "times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:="" ja;mso-bidi-language:ar-sa"="" style="font-size: 10.5pt;">携帯 </span><span lang="EN-US" century","serif";="" mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-bidi-font-family:"times="" new="" roman";="" mso-font-kerning:1.0pt;mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:ja;="" mso-bidi-language:ar-sa"="" style="font-size: 10.5pt;">090-9622-7007</span></p><p class="MsoNormal">//////<span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:10.0pt;font-family:" MS="" 明朝","serif";="" mso-ascii-font-family:century;mso-hansi-font-family:century;mso-bidi-font-family:="" "times="" new="" roman";mso-font-kerning:1.0pt;mso-ansi-language:en-us;mso-fareast-language:="" ja;mso-bidi-language:ar-sa"="">             </span><span style="text-decoration: underline; font-weight: bold;"><span style="font-size: 10.5pt; font-family: " MS="" 明朝",="" serif;"=""><br></span></span></p></div> 2016-11-29 2016-11-29 2016-11-29 10月30日開催の交流茶会 2016/11/09 tag:sayuu.jp-items,1478681006 <p class="MsoNormal" style="text-indent:10.5pt;mso-char-indent-count:1.0"><span style="font-family:"MS 明朝","serif";mso-ascii-font-family:Century;mso-ascii-theme-font:/minor-latin;mso-fareast-font-family:"MS 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;/mso-hansi-font-family:Century;mso-hansi-theme-font:minor-latin">日本最後期の文人画家として知られる田能村直入は、煎茶の普及にも取組みました。</span><span lang="EN-US"><o:p></o:p></span></p>//<p class="MsoNormal"><span style="font-family:"MS 明朝","serif";mso-ascii-font-family:/Century;mso-ascii-theme-font:minor-latin;mso-fareast-font-family:"MS 明朝";/mso-fareast-theme-font:minor-fareast;mso-hansi-font-family:Century;mso-hansi-theme-font:/minor-latin">中国最新の文化であった煎茶は、江戸末期から明治にかけて文人たちの高い評価を得、大阪や京都などで広く普及しました。山鉾連合会元理事長の深見茂さんも「町衆は抹茶ではなく形式にとらわれず清談の煎茶を楽しんだ」とお話されています。</span><span lang="EN-US"><o:p></o:p></span></p>//<p class="MsoNormal"><span style="font-family:"MS 明朝","serif";mso-ascii-font-family:/Century;mso-ascii-theme-font:minor-latin;mso-fareast-font-family:"MS 明朝";/mso-fareast-theme-font:minor-fareast;mso-hansi-font-family:Century;mso-hansi-theme-font:/minor-latin"> 何かとストレスが多い社会ですが、煎茶をはじめ、その元祖である中国茶などを楽しみながらホッとした時間を過ごしていただきたいと、作品展示とあわせて交流茶会を開いています。</span><span lang="EN-US"><o:p></o:p></span></p>//<span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:11.0pt;font-family:"MS 明朝","serif";/mso-ascii-font-family:Century;mso-ascii-theme-font:minor-latin;mso-fareast-theme-font:/minor-fareast;mso-hansi-font-family:Century;mso-hansi-theme-font:minor-latin;/mso-bidi-font-family:"Times New Roman";mso-bidi-theme-font:minor-bidi;/mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:JA;mso-bidi-language:AR-SA"> <span style="font-weight: bold;">11月</span></span><span style="font-weight: bold;"><span lang="EN-US" style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:11.0pt;font-family:"Century","serif";/mso-ascii-theme-font:minor-latin;mso-fareast-font-family:"MS 明朝";mso-fareast-theme-font:/minor-fareast;mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-bidi-font-family:"Times New Roman";/mso-bidi-theme-font:minor-bidi;mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:/JA;mso-bidi-language:AR-SA">20</span><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:/11.0pt;font-family:"MS 明朝","serif";mso-ascii-font-family:Century;mso-ascii-theme-font:/minor-latin;mso-fareast-theme-font:minor-fareast;mso-hansi-font-family:Century;/mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-bidi-font-family:"Times New Roman";/mso-bidi-theme-font:minor-bidi;mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:/JA;mso-bidi-language:AR-SA">日(日)</span><span lang="EN-US" style="font-size:10.5pt;/mso-bidi-font-size:11.0pt;font-family:"Century","serif";mso-ascii-theme-font:/minor-latin;mso-fareast-font-family:"MS 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;/mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-bidi-font-family:"Times New Roman";/mso-bidi-theme-font:minor-bidi;mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:/JA;mso-bidi-language:AR-SA">15</span><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:/11.0pt;font-family:"MS 明朝","serif";mso-ascii-font-family:Century;mso-ascii-theme-font:/minor-latin;mso-fareast-theme-font:minor-fareast;mso-hansi-font-family:Century;/mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-bidi-font-family:"Times New Roman";/mso-bidi-theme-font:minor-bidi;mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:/JA;mso-bidi-language:AR-SA">時からは、一茶庵の嫡承 佃 梓央氏による「煎茶にあそぶ」を開催。</span></span><div><span style="font-size:10.5pt;mso-bidi-font-size:/11.0pt;font-family:"MS 明朝","serif";mso-ascii-font-family:Century;mso-ascii-theme-font:/minor-latin;mso-fareast-theme-font:minor-fareast;mso-hansi-font-family:Century;/mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-bidi-font-family:"Times New Roman";/mso-bidi-theme-font:minor-bidi;mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:/JA;mso-bidi-language:AR-SA">お問い合わせは、メールかお電話で。</span></div> 2016-11-09 2016-11-09 2016-11-09 11月3日交流茶会延期 2016/11/09 tag:sayuu.jp-items,1478078675 <div><font size="2" style="font-weight: bold;">ー交流茶会延期のお知らせー</font></div><div><font size="2">孫皖平氏の入洛が遅れた為、3日(木)の交流茶会を延期致します。</font></div><div><font size="2">開催日時については、追ってお知らせします。</font></div> 2016-11-09 2016-11-09 2016-11-09 澤村陶哉氏の急須や茶入れが届きました。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1477743414 美しいだけでは不十分、使い良さがなければと今も伝統の登り窯にこだわり、京焼への挑戦を続ける3代澤村陶哉氏、品格ある陶哉氏の急須や茶入れがちょっと遅れましたが届きました。大正時代の初め、目利き力にひかれて集まった腕のたつ職人たちをプロデュースし数々の名品をつくった初代陶哉、2代陶哉は日本画を学び、絵付けに優れた作品を生み出した。そして3代陶哉は、初代と2代のこだわりのわざと京焼の伝統を受け継いで、自らの作品に新しいいのちを吹き込みます。3代陶哉氏の作品とこれらを使ったお茶会をお楽しみに。 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 展覧会とお茶の会を開催します。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1477203099 「お茶のある暮らしを愉しむ」のご案内日本のどこの家庭にも急須があった昭和の時代が遠くなり、ペットボトルの普及で急須が消えた今、日本で数人といわれる面倒な磁器の急須をロクロでつくる美山在住の市岡和憲さんとの出会いがありました。銘を入れなくても分かってもらえる作品をつくりたいと精進の毎日が続く市岡さんの急須でほっこりした自分を取り戻す時間をと、下記のような展覧会とお茶の会を開催します。幕末から明治にかけて活躍した文人画家で、煎茶の普及に尽力した田能村直入ゆかりの蔵で、煎茶、中国茶、紅茶というジャンルを問わずお茶のある暮らしを愉しんでいただきたい、と願っています。=*=*=*=*=*=*=*=*=◇会期10月20日(木)~11月23日(祝)11時~18時水曜日はお休み◇会場若王子俱楽部左右(京都市左京区若王子町15電話:075-708-2086)◇出展者市岡和憲(陶芸)*澤村陶哉(陶芸)植田千香子(金工)中埜暢・朗子(木工・截金)--------------------------------------------------------------------------◇お茶会=*=*=*=*=*=*=*=*=●10月30日(日)14時~16時~歐陽國樑氏(日本と中国のお茶文化に詳しい、バチカンの弁護士資格を持つ裏千家講師)とのお茶の会=*=*=*=*=*=*=*=*=●11月3日(木)14時~孫皖平氏(伝統工芸技術保護活動をし、文人文化と生活茶を提唱する画家で陶芸家でもある中国で著名な唐•宋文化研究専門家)との交流茶会=*=*=*=*=*=*=*=*=●11月20日(日)13時30分~16時~会費2000円活きた文化・芸術として煎茶をとらえ、現代茶会を企画などに取り組む一茶庵の嫡承佃梓央氏による「煎茶にあそぶ」--------------------------------------------------------------------------※上記茶会は、変更や追加などの可能性があります。(お問い合わせ・お茶会お申し込み先)若王子俱楽部左右(電話:075-708-2086)info@sayuu.jp(株)ケイアソシエイツ(電話:075-213-1463) 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 ”お茶のある暮らしを愉しむ(茶の愉)”開催です。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1476888797 今日、急須や茶器などの搬入がありました。一般的なものからちょっと変わったものまで、見ていて飽きないですね!自分のお気に入りを探されるのも面白いと思います。味はもちろんのこと、淹れる過程も楽しんでもらえたら嬉しいです。また、道具としてだけではなく、見えるところに置いておくことで、インテリアの一部として。明日から”お茶のある暮らしを愉しむ(茶の愉)”開催です!https://www.facebook.com/events/210793332674874/ 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 「お茶のある暮らしを愉しむ(茶の愉)」をテーマに企画展を開催いたします。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1476643467 朝晩が少し冷えるようになって、温かいものを頂くと、気持ちが少しホッとします。京都はコーヒーの消費量が全国でも多い土地柄ですので、朝はコーヒーで目を覚まされる方も多いかと思いますが、たまにはお茶はいかがでしょうか。なんだか落ち着いた気持ちになります。コーヒーの話が出たので、少し皆さんに伺いたいのですが、コーヒーを家で淹れる際、何を使われますか?面倒だから、インスタントコーヒーで。少しだけこだわってコーヒーメーカーで。朝からお湯を沸かしてドリップ。いや、豆から挽いちゃうこだわり派の方も。こだわりだしたら、豆の挽きかた、温度、ドリップの仕方。コーヒーカップも、自分の好きなデザインはもちろんですが、コーヒーとの色合いや口触りまで。どこまでこだわられるかは人によって差があるかと思いますが、豆から挽く方も結構増えてきたのではないかなという印象です。、、、、それに対して、お茶はまだまだ一般的ではないように思います。お茶にこだわるってどんなことなのでしょうか。コーヒーとは違うお茶の世界はどのようなものなのでしょうか。お茶というと、茶道とか、「道」がつくので、なんだか難しく捉えてしまう傾向があると思いますが、もう少し気楽に生活の中に取り入れてみたらいかがでしょうか。、、、左右では、10月20日から約1か月間、「お茶のある暮らしを愉しむ(茶の愉)」をテーマに企画展を開催いたします。決して堅苦しくなく、豊かなときを過ごすお茶を提案します。日本茶だけでなく、紅茶、中国茶も楽しむ機会にしていきます。詳しくはイベントページにてご確認ください。https://www.facebook.com/events/210793332674874/ 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 左右ではお茶をテーマに企画展を開く予定です。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1475465994 最近、お茶をのんでいらっしゃいますでしょうか。たぶん、多くの方が「YES」ではないでしょうか。もう10月なのに暑い日が続いてますので、冷茶でしょうか。もう少ししたら暖かいお茶が恋しくなる季節ですね。では、少し質問をかえて、急須でお茶を淹れてのんでいらっしゃいますでしょうか。たぶん、多くの方が「NO」になっているのではないでしょうか。ペットボトルのお茶が普及しだして、種類も増え、美味しくなって、急須で淹れる機会が少なくなり。確かに、急須でお茶を淹れるのは、少し面倒ですね。お湯を沸かして、茶葉を急須に入れて、お湯を入れて少し待って、のみおわった後も洗わなければならない。ペットボトルなら、キャップを開けて、飲み終ったら捨てるだけ。この少しの不便さが、今の生活に合っていないのかもしれません。でも、本当にお茶の美味しさを味わっていますでしょうか。本当にお茶を楽しんでいますでしょうか。私自身も、最近までペットボトルばかりで急須などほとんど使うことがなくなっていましたので、偉そうに言うことはできませんが、なかなかお茶は面白いものです。今月の13日(木)より、左右ではお茶をテーマに企画展を開く予定です。それに合わせて、いくつかイベントを開催する予定です。この機会にお茶の楽しさをお伝えしていければと。乞うご期待!※写真の作品は、市岡和憲さんのものです。 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 左右も月をテーマに展示しています。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1473742018 今月は仲秋の名月ですね。左右も月をテーマに展示しています。月が描かれているものもありますが、月見をどのように過ごしたら楽しいだろうかと、香であったり、酒であったり・・・美しい月と語り合いながら、素敵な時間を過ごして頂ければ幸いです。http://sayuu.jp 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 見えない月の裏側に何があるのか、SFに限らずいろいろ想像するのも一興ではないでしょうか。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1473579273 隠れた月今日も少し曇りがちですが、明日から曇り時々雨と月が見えなさそうです。中秋の名月である15日も残念ながら難しそうな感じです。そんなときは想像してみるのは如何でしょうか。別に雨の中空を見上げろというわけではありません。見えない月を想像で見たつもりになれというわけでもありません。月はいつも地球に向かって同じ面を見せています。月の反対は地球からでは見えないのです。(実は周縁部は少しだけ見えるのですが)見えないからこそ、どうなっているのか気になって、多くの人がいろいろと想像をめぐらせてきました。1.月には宇宙人がいる。2.古代都市がある。3.巨大な宇宙船がある。などなど、SFチックなものがいっぱいです。1959年にロシアのルナ3号が初めて観察し、近年も日本のかぐやが観測をしました。しかし、未だ多くの人の想像を掻き立てています。見えない月の裏側に何があるのか、SFに限らずいろいろ想像するのも一興ではないでしょうか。※写真はNASAのものです。 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 9月15日は中秋の名月です。この機会に、少し月のことを知ってみませんか。 2016/10/29 tag:sayuu.jp-items,1473424263 昼の月晴れている日ならば、いつでも夜空を見上げれば月が見える。ぼくはずっとそう思っていた。(新月を除いて)ほら、三日月も満月も夜空に浮かんでいるイメージでしょ。そして、実際に夜に見ているし。でも、「いつでも」というのは間違っていた。満月は、太陽が沈むころに昇ってくるから夜空を見上げればいつでも見えるけれど、上弦の月は昼頃に、下弦の月は逆に夜中に東の空から現れる。三日月なんか、昼前に東の空から昇ってきて暗くなってしばらくしたらもう沈んでしまう。夜空に浮かんでいるのを見れたら、実はちょっと幸せな感じ。それもそのはずで、太陽は24時間周期でまわっているけれど、月は24時間50分。例えば、今日18時に月の出なら、明日は18時50分。9月9日の月の出は12時8分。月の入は22時41分です。国立天文台:http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/時計がこんなに普及するまでは、夜空がこんなに明るくなるまでは、もっと月が身近にあったのでしょうか。今月の9月15日は中秋の名月です。この機会に、少し月のことを知ってみませんか。 2016-10-29 2016-10-29 2016-10-29 哲学の道 いま そこには哲学の道の住民はもとより、関心のある人、問題意識を持っている人、あるいは観光 2015/10/19 tag:sayuu.jp-items,1421646867 2015-10-19 2015-10-19 2015-10-19 長月(九月) 2016/09/02 tag:sayuu.jp-items,1410253072 <div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;">長月 9月</div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">【処暑】末候・<a href="https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0CCUQFjABahUKEwjm75Kaj77HAhUIupQKHeAoAlQ&url=http%3A%2F%2Fwww.bionet.jp%2F2008%2F09%2Fbio72_42%2F&ei=qirZVebyEIj00gTg0YigBQ&usg=AFQjCNGtyO69OrFyCNsnNJZfTTBwRrXKmQ&sig2=7ndF3iu33xK28kMiE_KrmA" data-href="http://www.bionet.jp/2008/09/bio72_42/" style="font-family: arial, sans-serif; white-space: nowrap; cursor: pointer; text-decoration: none; color: rgb(0, 0, 0);">禾乃登</a></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">【白露】初候・草露白  次候・鶺鴒鳴  末候・玄鳥去</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">【秋分】初候・雷乃収声 次候・</span><a href="https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CB0QFjAAahUKEwjWge2nkL7HAhXMp5QKHc6UDlw&url=http%3A%2F%2Fwww.bionet.jp%2F2008%2F09%2Fbio72_47%2F&ei=0yvZVZbMG8zP0gTOqbrgBQ&usg=AFQjCNFan_V5ANPK7u_hf7NIq7eHDfb8Jw&sig2=_EmNa5IBTHUPnQwSp5nv1Q" data-href="http://www.bionet.jp/2008/09/bio72_47/" style="font-family: arial, sans-serif; white-space: nowrap; cursor: pointer; text-decoration: none; color: rgb(0, 0, 0); font-size: small;">蟄虫坏戸</a></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">夏の暑さも和らぎ、秋の気配が少しづつ感じられるようになる9月。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">9月には5節句のひとつ、重陽の節句があります。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">古来より中国では</span><span style="font-family: 'ms �� gothic', Osaka; font-size: 12px; line-height: 18.6666660308838px; background-color: rgb(255, 255, 255);">陰陽説による陽数(奇数)の極である九が二つ重なる九月九日(重陽)を</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'ms �� gothic', Osaka; font-size: 12px; line-height: 18.6666660308838px; background-color: rgb(255, 255, 255);">節日として祝う風習がありました。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">菊を用いて不老長寿を祈ることから、[菊の節句]とも呼ばれています。</span></div><div><span style="font-family: 'ms �� gothic', Osaka; font-size: 12px; line-height: 18.6666660308838px; background-color: rgb(255, 255, 255);">この日に菊をもちいて厄払いをする風習は早くより日本の宮中で取り入れられ</span></div><div><span style="font-family: 'ms �� gothic', Osaka; font-size: 12px; line-height: 18.6666660308838px; background-color: rgb(255, 255, 255);">菊合わせといって菊を愛でる宴が686年、天武天皇の時に行われたのが初めといわれています。</span><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">重陽の節句には、飲むと長寿になるという菊酒や、菊枕、被せ綿など、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">菊をつかって厄払いや</span><span style="font-size: small;">長寿のお願いをします。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">菊のおかげで少年の姿のまま700年生きたという菊慈童の伝説をはじめ、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">菊にまつわる長寿や不老不死の故事も多く残されており、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">紐解いてみるのもおもしろそうです。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">※菊酒……菊の花びらを浮かべ、菊の香りを移した酒を飲むことで邪気を祓い、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">     長寿と繁栄を祈ります。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">※被せ綿…[きせわた] 前日に菊の花に綿を被せておき、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">     翌朝菊の露や香りを含んだ綿で身体を清めると長生きできるとされています。</span><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">     正式には赤・白・黄の真綿を使います。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;">※菊枕……菊を詰めた枕で眠り、菊の香りで邪気を祓います。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-size: small;"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div> 2016-09-02 2016-09-02 2016-09-02 Photos from 若王子倶楽部左右's post7-9 2017/05/23 tag:sayuu.jp-items,1468155216 7月9日の朝、「永観堂を巡る、京の朝」を開催いたしました。生憎の雨模様でしたが、濡れた敷石や青紅葉がとても映え、雨の日ならではの美しさを堪能できたように思います。御影堂では永観堂の録司の方が永観堂の歴史や由来についてお話いただきました。永観堂というのは通称で、本来は「聖衆来迎山無量寿院禅林寺」で、現在は浄土宗ですが、もともとは真言宗のお寺であったこと。永観堂の由来は、永観律師(ようかんりっし)が窮乏の人々を助け、永観律師に会えるお堂というところからきているそうです。その後、阿弥陀堂からは新京極にある安養寺の住職に案内をして頂きました。みかえり阿弥陀の由来は、上記の永観律師が阿弥陀像のまわりを念仏する行をしている際に、阿弥陀様が先導して下さったそうで、それに驚き立ち尽くしていると、阿弥陀様が「永観、遅し」と左肩越しに振り返りおっしゃったとのこと。左というのは慈悲をあらわしているとのことで(右は智恵)、その慈悲深い姿を後世に伝えたいとのことでつくられたとのことでした。たくさんのお話をして頂きましたが、個人的には「まゆみの法則」が心に残りました。「ま」は待つ、「ゆ」は許す、「み」は認める。この3つを大事にしましょうというお話でした。永観堂の拝観の最後に、白蓮池で蓮を見ました。現在は、大賀蓮が咲いていますが、もともとは名称の通り、白蓮の咲く池だったとのことで、白蓮も植えたとのことです。数年後には赤と白の蓮が共演する姿も見れるようになるとのことです。楽しみです。その後、左右に戻り、2階で蓮茶やお菓子と共に、作家の野田さんを囲んでお話を楽しんでいただきました。帰る際には雨も上がり、充実した時間を過ごして頂けたのではないかと思っております。永観堂HP:http://www.eikando.or.jp左右HP:http://www.sayuu.jp 2017-05-23 2017-05-23 2017-05-23 7月2日に野田朗子さんの硝子展の関連イベントの「蓮の夜会」を開催いたしました。 2016/07/14 tag:sayuu.jp-items,1467608490 7月2日に野田朗子さんの硝子展の関連イベントの「蓮の夜会」を開催いたしました。蓮の研究をされている前京都府立植物園長の金子明雄さんをお招きし、蓮の世界を広く、そして深く感じて頂けるイベントになったように思います。受粉した蓮の生の実を食べ、花の香り豊かな数種類の蓮茶を飲み、ハスの葉にお酒を注いで茎を通して飲む象鼻杯を楽しみ、非日常の体験をして頂けたのではないでしょうか。蓮酒は回し飲みではなく、1人1枚ずつ葉を用意しましたので、蓮のエキスもしっかり味わっていただけたのではないでしょうか。参加して頂いた方も、煎茶道宗匠、工芸研究者、ナノバイオ研究者、鴨川研究者、作家、僧侶などなど幅広い層の方で、それぞれの観点から蓮を語っていただき、本当に興味深い会になったと思います。個人的には、蓮をDNAの観点からみると、実は違う品種だと思っていたものが同じものであったり、いつ誕生したのかわかるきっかけになっているという話が面白かったです。また、、蓮の音読みの「レン」と恋の音読みの「レン」が一緒というところから、蓮は恋を連想させるもので、どうしても仏教のイメージの強い蓮の新たな面を知れたように思います。まだまだいろいろ興味を魅かれたものがあり書ききれません。今後も文化的なイベントを開催していきます。野田朗子硝子展―夏の祈り―2016年7月1日(金)~19日(火)10時~18時(最終日のみ17時まで・水曜定休) 2016-07-14 2016-07-14 2016-07-14 【日鑑】若王子倶楽部 左右の日々是好日日記 2016/06/05 tag:sayuu.jp-items,1427507159 <font><span style="font-size: large; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"></span><span style="font-family: メイリオ;">【更新】2016年6月5</span></font><span style="font-family: メイリオ;">日 日々是好日日記  </span><div><div><span style="line-height: 19.32px; font-family: メイリオ;"><div class="text_exposed_show" style="display: inline; color: rgb(20, 24, 35); line-height: 19.32px; background-color: rgb(255, 255, 255);"></div></span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><div class="text_exposed_show" style="display: inline; color: rgb(20, 24, 35); line-height: 19.32px; background-color: rgb(255, 255, 255);"></div><span style="line-height: 19.3199996948242px;"><div class="text_exposed_show" style="display: inline; color: rgb(20, 24, 35); line-height: 19.32px; background-color: rgb(255, 255, 255);"></div></span></span></div></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><div style="margin: 0px; color: rgb(51, 51, 51); line-height: 26px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><h4 style="margin: 0px; line-height: 20px; padding: 0px; color: rgb(51, 51, 51); background-color: rgb(255, 255, 255);"><div class="_5pbx userContent" data-ft="{" tn":"k"}"="" id="js_vw" style="font-size: 14px; font-weight: normal; line-height: 1.38; overflow: hidden; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif;"><div id="id_56b8417c37aa34075815481" class="text_exposed_root text_exposed" style="display: inline;"><p style="margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.32px;">雨が上がり、植物から喜びが伝わってきます。</p><p style="margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.32px;">一時期、もう夏なのかという暑さでしたが、</p><p style="margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.32px;">ここ数日は落ち着いていて、初夏の心地よい風を感じます。</p><p style="margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.32px;"><br></p><p style="margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.32px;">左右の店内も、初夏の風が通り抜け、</p><p style="margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.32px;">涼やかな感じになっております。</p><div class="text_exposed_show" style="display: inline; line-height: 19.32px;"></div><div class="text_exposed_show" style="display: inline; line-height: 19.32px;"></div><div class="text_exposed_show" style="display: inline; line-height: 19.32px;"></div><div class="text_exposed_show" style="display: inline; line-height: 19.32px;"></div></div></div></h4></div></div> 2016-06-05 2016-06-05 2016-06-05 左右の企画展、常設展示 2016/05/12 tag:sayuu.jp-items,1426752045 <div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="color: rgb(0, 102, 153); font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; font-size: 12px; line-height: 18.2000007629395px; background-color: rgb(238, 238, 238);"></span></div><div><div><span style="font-size: large; font-weight: bold; color: rgb(102, 102, 204);">5月12日~ 常設展示</span></div><div><span style="color: rgb(29, 33, 41); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; font-size: 14px; line-height: 19.32px; background-color: rgb(255, 255, 255);">夏に向けて涼のうつわに衣替えいたしました。</span><br></div><div><span style="color: rgb(29, 33, 41); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; font-size: 14px; line-height: 19.32px; background-color: rgb(255, 255, 255);">ガラスのうつわや涼やかな意匠のうつわなどこれからの季節にぴったりの品々を</span></div><div><span style="color: rgb(29, 33, 41); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; font-size: 14px; line-height: 19.32px; background-color: rgb(255, 255, 255);">ご紹介しております。</span></div><div><br></div><div><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><br></div></div> 2016-05-12 2016-05-12 2016-05-12 野田朗子 硝子展 ―夏の祈り―FB 2016/07/04 tag:sayuu.jp-items,1467367186 本日から野田朗子さんの硝子展、「―夏の祈り―」がはじまりました。@@素敵な作品が並んでいます。@@@@自然のうつろいを人生に重ね合わせる。@@そのきっかけを与えてくれる作品です。@@ゆっくりとその世界に浸ってもらえたらうれしいです。 2016-07-04 2016-07-04 2016-07-04 「永観堂を巡る京の朝」 一般拝観前の静かなひととき 2016/07/14 tag:sayuu.jp-items,1467026439 今度イベントをする永観堂。@@左右から歩いて5分、いや3分くらいで着く距離にあります。@@永観堂というと、みかえり阿弥陀ともみじでしょうか。@@ここでゆったりしていると気持ちが落ち着きます。@@朝早くに伺ったことはないけれど、@@誰もいない庭園はきっと気持ちいいだろうなって思います。@@@@、@@、@@一般拝観の前にみかえり阿弥陀で有名な永観堂を拝観し、庭と蓮を愛でる特別なひととき(永観堂の録事の方に解説をして頂きます)@@拝観後、左右2階にて美味しいお菓子と蓮茶を楽しみながら、@@野田さんを囲んでゆっくりと。@@@@日時  :2016年7月9日午前8時30分~@@集合場所:若王子倶楽部 左右2階(哲学の道南端の蔵)@@参加費 :3,500円@@https://www.facebook.com/events/1701676170082967/ 2016-07-14 2016-07-14 2016-07-14 今日の朝、宇治川のほとりまで蓮の写真を撮りに行ってきました。 2016/06/28 tag:sayuu.jp-items,1466475154 今日の朝、宇治川のほとりまで蓮の写真を撮りに行ってきました。7月2日の「蓮の夜会」のゲストとしてお越しになる前京都府立植物園長の金子さんが管理される蓮園です。約1週間前に行った時よりも、たくさんの種類が咲いていて、本当に美しく、時間を忘れてパシャパシャしていました。金子さんの紹介はまた後日致しますが、本当に蓮に恋されている感じで、お話を伺うと蓮に対する愛があふれてきます。前回お話ししたときは時間を忘れて蓮園の中で1時間半。あっという間でした。魅力的な蓮の話、皆さんにも聞いてほしいです。イベントの内容ですが、金子さんと作家の野田さんのお話はもちろんですが、象鼻杯(葉にお酒を注いで茎を通して飲む)、華容杯(花にお酒を注いで茎を通して飲む)など、普段できない経験を楽しんでいただけると思います。イベント詳細:https://www.facebook.com/events/540061322867694/『蓮の夜会』(軽食付・要予約)金子明雄氏(京都花蓮研究会理事・前京都府立植物園長)を招き、蓮酒・蓮茶を楽しみながら、蓮をテーマに作品を作り続ける野田さんと語るひととき。日時:2016年7月2日18時より場所:若王子倶楽部左右2階(哲学の道南端の蔵)参加費:3,500円参加方法:メール(メッセージ)、もしくはお電話にてご連絡下さい。※Facebookの参加予定だけではご予約は完了いたしません。ご注意ください。若王子倶楽部左右京都市左京区若王子町15(哲学の道南端の蔵)075-708-2086http://www.sayuu.jp/Mail:info@sayuu.jp 2016-06-28 2016-06-28 2016-06-28 野田朗子 硝子展―夏の祈り― 2016/07/04 tag:sayuu.jp-items,1465881530 <span style="font-size: small; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">蓮の種は何千年と生き、泥水の中で大輪の花を咲かせるの</span><wbr style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span class="word_break" style="font-size: small; display: inline-block; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""></span><span style="font-size: small; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">はたった3日間です。そんな自然の営みを人生に重ね表現</span><wbr style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span class="word_break" style="font-size: small; display: inline-block; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""></span><span style="font-size: small; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">する野田朗子の個展を開催いたします。</span><br style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><br style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-size: small; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">2016年7月1日(金)~7月19日(火)</span><br style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-size: small; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">10時~18時(最終日17時まで)</span><br style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-size: small; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">作家在廊日:2日・9日ほか(随時お知らせいたします)</span><br style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-size: small; color: rgb(75, 79, 86);" hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">定休日   :水曜日</span><div style="font-size: small;"><br></div><div style="font-size: small;"><font color="#4b4f56">〇関連イベント</font></div><div style="font-size: small;"><span style="color: rgb(75, 79, 86);">『蓮の夜会』 (軽食付き・要予約)</span><br></div><div style="font-size: small;"><font color="#4b4f56">金子明雄氏(京都花蓮研究会理事・前京都府立植物園長)をお招きし、蓮酒・蓮茶を楽しみながら、</font></div><div style="font-size: small;"><font color="#4b4f56">蓮をテーマに作品を作り続ける野田さんと語るひととき。</font></div><div style="font-size: small;"><font size="2" style="color: rgb(75, 79, 86);">〇</font><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif" style="color: rgb(75, 79, 86);"><span style="font-size: 14px; line-height: 18.76px; background-color: rgb(255, 255, 255);">蓮酒 :象鼻杯や華容杯、花弁杯など、この時期にしかできない特別な体験です。</span></font><br></div><div><font color="#4b4f56" face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="font-size: 14px; line-height: 18.76px;">     (気候に左右されるものですので一部ご用意ができないことがございます。</span></font></div><div><font color="#4b4f56" face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="font-size: 14px; line-height: 18.76px;">      ご了承ください)</span></font><div style="font-size: small;"><span style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">・象美杯:蓮の葉にお酒を注いで、茎を通して楽しむ。ほ</span><wbr style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span class="word_break" style="display: inline-block; color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""></span><span style="color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">んの</span><span class="text_exposed_show" style="display: inline; color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">りとうつる蓮の香りや味をお楽しみいただけま<wbr><span class="word_break" style="display: inline-block;"></span>す。<br>      飲んでいる姿が象の鼻のように見えるところか<wbr><span class="word_break" style="display: inline-block;"></span>ら。<br>・華容杯:蓮の花にお酒を注いで、茎を通して楽しむ。<br>・花弁杯:蓮の花を盃に見たて、お酒を楽しむ。<br>日時  :2016年7月2日18時より<br>場所  :若王子倶楽部 左右2階(哲学の道南端の蔵)<br>参加費 :3,500円<br>参加方法:メール(メッセージ)、もしくはお電話にてご<wbr><span class="word_break" style="display: inline-block;"></span>連絡下さい。<br></span><span class="text_exposed_show" style="display: inline; color: rgb(75, 79, 86); font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><br>『永観堂を巡る京の朝』 一般拝観前の静かなひととき (軽食付き・要予約)<br><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">一般拝観の前にみかえり阿弥陀で有名な永観堂を拝観し、</span><wbr style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span class="word_break" style="display: inline-block; font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""></span><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">庭と蓮を愛でる特別なひととき(永観堂の録事の方に解説</span><wbr style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span class="word_break" style="display: inline-block; font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""></span><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">をして頂きます)</span><br style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">拝観後、左右2階にて美味しいお菓子と蓮茶を楽しみなが</span><wbr style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span class="word_break" style="display: inline-block; font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""></span><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">ら、</span><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">野田さんを囲んでゆっくりと。</span><br style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">日時  :2016年7月9日午前8時30分~</span><br style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">集合場所:若王子倶楽部 左右2階(哲学の道南端の蔵)</span><br style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">参加費 :3,500円</span><br style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">参加方法:メール(メッセージ)、もしくはお電話にてご</span><wbr style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""><span class="word_break" style="display: inline-block; font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"=""></span><span style="font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">連絡</span><span class="text_exposed_show" style="display: inline; font-family: helvetica, arial, " hiragino="" kaku="" gothic="" pro",="" meiryo,="" "ms="" pgothic",="" sans-serif;="" font-size:="" 14px;="" line-height:="" 18.76px;="" background-color:="" rgb(255,="" 255,="" 255);"="">下さい。</span><br><br><br>〇作者紹介<br>京都・洛北に生まれ、四季折々の自然の美しさを肌で感じ<wbr><span class="word_break" style="display: inline-block;"></span>て育った時間。<br>大学卒業後、命の果てを意識するような目まぐるしいスピ<wbr><span class="word_break" style="display: inline-block;"></span>ードで仕事をしていた時間。<br>対極の「時」の中に彼女の創作の原点があります。<br>人生を豊かに生きるとはなにか”を自らに問いつづけ、“<wbr><span class="word_break" style="display: inline-block;"></span>儚さのなかにある生命の輝き”を硝子を通して表現されて<wbr><span class="word_break" style="display: inline-block;"></span>います。<br><br>〇作者HP<br><a href="http://l.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fakikonoda.com%2F&h=pAQHto6vv&enc=AZOp869rlHxkPzUFDVD9w4PgBHLQ-C7mUlP5LOzhya5d87SXAbZH02RH0V5MR1WsXQk&s=1" rel="nofollow nofollow" target="_blank" style="color: rgb(54, 88, 153); cursor: pointer; text-decoration: none;">http://akikonoda.com/</a><br><br>〇作者略歴<br>2000  同志社大学大学院総合政策科学研究科 修了<br>2000- 新聞社、大手広告代理店に勤務(-2007)<br>2011  東京藝術大学大学院 美術研究科工芸専攻<br>(ガラス造形研究室)修了<br>    東京藝術大学・大学院卒業・修了作品展<br>台東区長奨励賞 受賞<br>2012  第5回現代ガラス展 i三輪休雪審査員賞受賞<br>2013  第52回日本現代工芸美術展 現代工芸大賞受賞<br>2014  第45回日展 初入選<br>2015  第1回藝文京展 京都商工会議所会頭賞 受賞<br>現在  同志社大学大学院嘱託講師、現代工芸美術家協会会員</span></div></div> 2016-07-04 2016-07-04 2016-07-04 睦月(一月) 2016/03/15 tag:sayuu.jp-items,1416883756 <span style="font-size: small;"></span><div><span style="font-family: メイリオ;">睦月 (一月)</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">【冬至】 末候・雪下出麦</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">【小寒】 初候・芹乃栄   次候・水泉動   末候・雉始雊</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">【大寒】 初候・款冬華   次候・水沢腹堅</span></div><div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">お正月は年神様を迎えて新年を祝う大切なときです。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">年神さまとは、元旦に高い山からおりてきて家々に幸せをもたらしてくれる神様のこと。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">昔の人々は祖先の霊が田の神や山の神になり、正月には年神様となって</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">子孫の繁栄を見守っていてくれるのだと考えていました。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">そこでたくさんの幸せを授かるために年神さまを迎えして御祝する様々な風習が生まれてきました。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"> 門松は年神様が降臨するための目印 、</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">おせち料理は年神様へのお供えと家族のしあわせを祈る縁起物づくしのお料理です。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">おせち料理を厄をはらう柳でできた両方の先端のほそくなった祝箸でいただくのは、</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">一方を年神さま、一方を人が使うことで年神様と食事をともにするという意味合いがあります。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div></div><div><span style="font-family: メイリオ;">お正月は地域によって3日、7日あるいは20日までと様々ですが</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">美味しいものをたくさんいただくお正月の最後に</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">ご馳走にすこし疲れ気味の胃腸をいたわるとともに 青葉の不足しがちな冬の栄養補給もかねて</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;">7日に七草粥を食べ新年の無病息災をいのります。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div style="font-size: small;"><br></div> 2016-03-15 2016-03-15 2016-03-15 如月(二月) 2016/03/15 tag:sayuu.jp-items,1416883815 <h3><span style="font-size: 12px; color: rgb(0, 102, 153); font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; line-height: 18.2px; background-color: rgb(238, 238, 238);"></span><span style="font-weight: normal; font-family: メイリオ; font-size: medium;">如月 (二月)</span></h3><h3><span style="font-weight: normal; font-family: メイリオ; font-size: medium;"><br>【大寒】 末候・鶏始乳<br>【立春】 初候・東風解凍  次候・黄鶯睍睆   末候・魚上出<br>【雨水】 初候・土脉潤起  次候・霞始靆<br><br></span></h3><h3><span style="font-weight: normal; font-family: メイリオ; font-size: medium;">2月で季節の行事といえば節分。<br>おなじみの[鬼は外~福は内~]の掛け声とともに豆をまき、<br>最後に年の数だけ豆をたべて無病息災を祈ります。</span></h3><h3><span style="font-weight: normal; font-family: メイリオ; font-size: medium;">節分とはそもそも[せちわかれ]といい、<span style="line-height: 18.6667px; background-color: rgb(255, 255, 255);">立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし<br></span><span style="line-height: 18.6667px; background-color: rgb(255, 255, 255);">四季の変わり目を意味していましたが、</span><span style="line-height: 18.6667px; background-color: rgb(255, 255, 255);">やがて立春の前日(2月2~4日頃)のみを指すようになりました。<br></span><span style="line-height: 18.6667px; background-color: rgb(255, 255, 255);">昔から季節の変わり目は邪気が入り込みやすいとされており、<br></span><span style="line-height: 18.6667px; background-color: rgb(255, 255, 255);">明日からもう春になる (かつては=新年になる) という日に 邪気を払い福を迎えるための<br></span><font>追儺(ついな)/鬼やらい という宮中行事のなかの、</font><font>豆打ちが</font></span></h3><h3><span style="font-family: メイリオ; font-size: medium; font-weight: normal;">現在の豆まきのおおもとのかたちと言われています。</span></h3><h3><span style="font-weight: normal; font-family: メイリオ; font-size: medium;">ちなみになぜ豆かというと豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。<br>また、昔京都の鞍馬に鬼が出たとき、</span></h3><h3><span style="font-weight: normal; font-family: メイリオ; font-size: medium;">毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げて退治した話が残っており、</span></h3><h3><span style="font-weight: normal; font-family: メイリオ; font-size: medium;">「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるともいわれています。</span></h3><div><font face="メイリオ">豆まきのほかに魔除けの[柊鰯]のお飾りをしたり、</font></div><div><font face="メイリオ">最近では恵方巻きを食べたりする方も多いですが、どれも魔を払い</font></div><div><font face="メイリオ">無病息災や福を祈ることにかわりはありません。</font></div><div><font face="メイリオ">節分を迎え、少しずつ春の気配が感じられるようになってきます。</font></div><div><font face="メイリオ"><br></font></div><div><font face="メイリオ">『鬼は~外~ 福は~内!』</font></div><div><span style="font-family: メイリオ;"><br></span></div><div><div><br></div></div> 2016-03-15 2016-03-15 2016-03-15 弥生(三月) 2016/03/19 tag:sayuu.jp-items,1416883877 <span style="font-family: メイリオ;">【雨水】 末候・草木萌動/【啓蟄】 初候・蟄虫啓土 次候・桃始咲  末候・菜虫化蝶/【春分】 初候・雀始巣  次候・桜始開//【上巳の節句】/3月といえばお雛祭り、桃の節句を思い浮かべる方も多いのではないかと思います。/桃の節句、つまり旧暦3月3日、上巳(上旬の巳の日の意)には/古くより中国で「踏青」という不浄を祓う習慣があり、それがのちに「曲水の宴」となって/日本に伝わました。/そして日本古来の祓えの信仰といっしょになりこの日に祓えを行うようになりました。/やがて曲水の宴は行われなくなっていきますが、上巳の日の祓えは貴族の間に定着し、/形代として人形をつくり、穢れを移して海や川に流すようになっていきます。/これが各地に残っている流し雛の風習です。/それとは別に日本には雛人形は、平安時代の京都で平安貴族の子女が/貴族の暮らしを真似、雛の館を立て厨子を置いて台・皿・箸などを飾り/雛に酒宴をさせたり、御殿へ参内させたりしていた雅な「遊びごと」がありました。/これが次第に祓えの「流し雛」と結びつき「雛人形」は「災厄よけ」の「守り雛」として一緒になり、/家々に祀られる様になりました。//子供の健やかな成長と病気や事故なく幸福な人生を過ごせるようにとの願いが込められたお雛様。/もともとは女の子のお祭りではなく、春を寿ぎ、無病息災を願う厄祓いの行事だった上巳の節句。/桃の節句とも呼ばれるのは桃の開花期に重なるというだけでなく、/桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからなのだとか。/桃と同じく室礼に欠かせない菜の花は、早世した子に手向ける花、/また菜種油が取れることから故人に供えるお灯明という意味がこめられいます。/今ほど医学が発達していなかった時代は大勢の子どもが亡くなりました。/現代は健康に大人になる子供たちがほとんどですが、それを当たり前と思わず、/上巳の節句には日々の健康と無事を祈り、感謝の気持ちを大事に過ごしたいですね。///[踏青:とうせい] 上巳(じょうし・じょうみ)の日に、川で身を清め、不浄を祓った後に宴を催す習慣。/[雛:ひな、ひいな] ほんものよりも小さくて愛しい、かわいらしいもの。/          ひいな遊びとは今で言うおままごとのようなもののこと</span> 2016-03-19 2016-03-19 2016-03-19 卯月(四月) 2016/04/18 tag:sayuu.jp-items,1416883943 卯月 四月//【春分】 末候・雷乃発声 /【清明】 初候・玄鳥至  次候・鴻雁北  末候・虹始見/【穀雨】 初候・葭始生  次候・霜止出苗//【春の花】//花と言えばさくら。/しかし天皇の住まいには左近の梅,右近の橘が植えられていたように/かつては、花と言えば梅だったそうです。/仁明天皇の時代に枯れてしまったため/霊山として崇められていた奈良吉野山より桜に植えられたという説があります。/桜をこよなく愛した仁明天皇。/桜のきれいな右大臣邸へ行幸する予定をかなえることなく崩御され/仁明天皇を偲んで邸で満開の桜のもとで桜会を催したといいます。/平安時代の貴族の間で春の花の美しい季節を楽しむようになった契機ともいわれています。//哲学の道、若王子橋から銀閣寺橋までの小径には、約500本の染井吉野が咲き乱れます。/疎水両岸に咲く染井吉野は、画聖・橋本関雪とその夫人により/大正年間に寄贈されたものに端を発し、[関雪桜]の愛称で地元の人々に愛されています。/また、他にも若王子神社奥の桜花苑の陽光桜、法然院橋前の枝垂れ桜、銀閣寺道の支那実桜…。/桜を愛し、桜をみて春のおとずれを喜び、今年も無事に冬を終え、/また咲き誇る桜がみれたことを感謝する、いつの時代も人のこころは同じかもしれませんね。/ 2016-04-18 2016-04-18 2016-04-18 文月(七月) 2016/07/05 tag:sayuu.jp-items,1405410563 <span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"></span><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">文月 7月</div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">【夏至】 末侯・半夏生</div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">【小暑】 初候・温風至  次侯・蓮始開  末侯・鷹乃学習</div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">【大暑】 初候・桐始結花 次侯・土潤溽暑</div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">七月七日の夜は、年に一度天の川で牽牛と織女が出会う時。</div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">中国から伝来し、奈良時代に広まった“牽牛星”と“織女星”の七夕伝説と、</div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">唐の時代の芸事や手芸の上達を願い織女星に糸や針などをお供えした《</span><span style="line-height: 18.2000007629395px; font-family: null; font-size: small; background-color: rgb(255, 255, 255);">乞巧奠</span><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">》が結びつき、</span></div><div><span style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;">他にも日本古来の棚幾つ女の伝承、夏野菜の収穫感謝祭などが複合していき</span></div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">現在の日本固有の行事であり、五節供のひとつ《七夕》になりました。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;">澤村さんの文月のお箸置きは</span><br></div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">《絹束》《梶の葉》《結び文》《祇園守(むくげ)》です。</span></div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">絹束は手芸上達をねがいお供えするもののひとつ。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;">梶の葉は、紙が手に入りにくかった時代、紙のかわりに紙の材料にもなったという梶の葉に、</span></div><div><span style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;">和歌や願い事をかいて吊るしたところからきています。</span></div><div><span style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;">江戸時代にこの風習が広く普及し、短冊に書いて願い事をし笹に吊るすようになっていったようです。</span></div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></span></div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">むくげは、別名祇園守とも呼ばれ、八坂神社とゆかりの深いお花です。</span></div><div><span style="font-family: 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', HiraKakuPro-W3, メイリオ, Meiryo, 'MS Pゴシック', 'MS PGothic'; font-size: 13px; line-height: 23.3999996185303px; background-color: rgb(255, 255, 255);">八坂神社では、献花はすべて槿を飾るのがならわしで、祇園祭には、「お花」と称して</span></div><div><span style="font-family: 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', HiraKakuPro-W3, メイリオ, Meiryo, 'MS Pゴシック', 'MS PGothic'; font-size: 13px; line-height: 23.3999996185303px; background-color: rgb(255, 255, 255);">神前に槿を御饌花されるそうです。</span></div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">祇園祭りが始まると京都もいよいよ夏本番です。</span></div><div><span style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></span></div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div><div style="font-size: small; font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><div><span style="color: rgb(34, 34, 34); font-family: arial, sans-serif; font-size: 16px; line-height: 25.6000003814697px; background-color: rgb(255, 255, 255);"> </span><br></div></div> 2016-07-05 2016-07-05 2016-07-05 野田 朗子 / Akiko Noda 2016/07/08 tag:sayuu.jp-items,1467629408 <table><tbody><tr><td width="70">2011年<br /> </td><td>東京藝術大学大学院 美術研究科工芸専攻(ガラス造形研究室)修了<br />大阪芸術大学 工芸学科ガラス工芸コース 技術指導員(-2013)</td></tr><tr><td width="70">2013年<br /> </td><td>京都・西陣に工房設立<br />日本現代美術家協会会友に推挙</td></tr><tr><td width="70">2014年</td><td>京都府立陶工高等技術専門校 成形コース修了</td></tr></tbody></table>/日本現代工芸大賞、藝文京展京都商工会議所会頭賞等を受賞 2016-07-08 2016-07-08 2016-07-08 皐月(五月) 2016/05/12 tag:sayuu.jp-items,1416883984 皐月 五月//【穀雨】 末候・牡丹華/【立夏】 初候・蛙始鳴  次候・蚯蚓出  末候・竹笋生/【小満】 初候・蚕起食桑 次候・紅花栄//【端午の節句】//五月五日は端午の節句。/子どもの日とも呼ばれ、子ども達、特に男の子の健やかな成長を/願う日とされています。/武者人形を飾り、鯉のぼりをあげ柏もちや粽をいただき、/菖蒲湯につかります。/時代を遡って奈良、平安時代。端午の節句は、青々とした新緑の頃に/この後にくる梅雨や真夏の暑い日々に弱った体に備える薬をつくるための/薬草集め、「薬狩り」を行い、その薬効で邪気を祓う節目の日だったそうです。/そしてこれらの薬草を紅花染めの袋に入れ/まわりに菖蒲や杜若の花を飾り、邪気払いと長寿への祈りを薬玉につめ、/五色の糸を垂らして柱などにつるし、/9月9日の重陽の節句まで飾られたということです。/後に菖蒲が“尚武”に通じることから、武家が重んじる行事になりました。/江戸時代になると男の子の成長や武運を願って鎧や太刀を贈ったり/川を上る鯉(登竜門の故事より)にちなんで立身出世を祈り/鯉のぼりがあげられるようになり、その流れが現在に続き今に至っています。/// 2016-05-12 2016-05-12 2016-05-12 野田朗子 硝子 更新2016.3.18 2016/06/30 tag:sayuu.jp-items,1439781557 <span style="color: rgb(0, 102, 153); font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; font-size: 12px; line-height: 18.2000007629395px; background-color: rgb(238, 238, 238);"></span><div><br></div><div>ガラスは二つの顔を持っている。</div><div>柔らかい顔、硬い顔。丸い顔、鋭い顔。はかなさの中にある強さ。</div><div>光を抱き込んで自ら輝き、ゆらめく影をつくる。そんな正反対の表情を見せてくれる。</div><div><br></div><div>それは人とよく似ている。</div><div>人だけでなく植物も動物も、すべての生命の営みに。透明なガラスはまるで心の中のよう。</div><div><br></div><div>ガラスは温度と重力によって一瞬一瞬で表情を変え、その瞬間で表情をとどめることができる。</div><div><br></div><div>日々の自然のうつろいを心のうつろいに重ねて、いつかの記憶をよびおこす。</div><div>心のうつろいの一瞬を作品にとどめて形ある言葉にしたい。  (Artist Statement)</div> 2016-06-30 2016-06-30 2016-06-30 澤村陶哉さんのはしおきからみる 日本の古き良きくらし・伝統・まつりごと 2015/06/15 tag:sayuu.jp-items,1421636807 2015-06-15 2015-06-15 2015-06-15 水無月(六月) 2016/05/12 tag:sayuu.jp-items,1416884113 水無月 六月//【小満】 末候・牡丹華/【芒種】 初候・蟷螂生 次候・腐草為蛍 末候・梅子黄/【夏至】 初候・乃東草 次候・菖蒲華//六月、梅雨の時期によく目にする紫陽花の花とかたつむり。/あじさいの語源は、「あづ」=集まるの意、「さい」=真藍(さあい)で、/本物の藍で染めたような色の花が、沢山集まって咲くことに由来するのだとか。//強い毒素を含むために食用や料理の飾りにも向かない紫陽花ですが、/その毒性ゆえに昔の人は紫陽花に霊力が宿ると信じ、/紫陽花を半紙でくるんで水引で結んだものを6のつく日から/家の軒先などに逆さにして吊るし魔除けにしたのだそうです。/なんでも、トイレに飾ると女性特有の病気を防ぎ、/老後に下の病気で悩むことがなくなると言われ、赤の水引を結ぶと「縁結び」のご利益が。/金色の水引を結ぶと「金運財運アップ」の効果があるともいわれています。// 2016-05-12 2016-05-12 2016-05-12 うつわの説明書き 2015/06/13 tag:sayuu.jp-items,1422497344 ///////////////《もったいない》に代表される、ものを大切につかう、というのは/日本人らしい感性であり、大事な文化でもあります。/特に大事なうつわや思い入れのあるうつわは長く綺麗に使い続けたいもの…。/ここでは日本のうつわたちの使い方のコツをご紹介します。//《陶器》//・一番最初、使い始める前に、水か米のとぎ水で5分ほど煮るか、/ ⒛分程つけ置きしておくとうつわがひきしまり、/ 衝撃や汚れに強くなるのでより長くお使いいただけます。//・底(高台)がざらつく場合、テーブルなどを傷つけないよう/ 紙やすりなどで磨きなめらかにしてからお使いください//・電子レンジ、食洗機は出来るだけ避けた方が無難です。/ また、もし汚れが気になる場合は漂白剤をご利用ください。//・焼き締めのうつわは、たわしでこすり洗いをすると/ 表面がなめらかになり、使うたびにいいつや、いい味が出て育っていきます。//《磁器》//・吸水性がないので陶器ほど気を遣わなくて大丈夫です。/ 油もの、酢の物などなんにでもお使いいただけます。/ また、金彩、銀彩の絵付けがないものは、/ 電子レンジもお使いいただけます。//《お直し》//・割れてしまったうつわを金継ぎ(金繕い)で直すことが出来ます。/ ご自分で直していただくことも可能です。/ お気軽に若王子倶楽部左右までご連絡下さい。/ /<div><font size="4"><b><u>◇</u></b></font><font color="#0000ee" size="4"><b><u><a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E3%80%90%E7%B9%95%E3%81%84%E3%80%91%E3%82%92%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AB%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%84%E3%82%8C%E3%82%8B">金継ぎ(金繕い)</a></u></b></font></div></div><div><font size="3"><br></font>/ 2015-06-13 2015-06-13 2015-06-13 神無月(十月) 2016/01/03 tag:sayuu.jp-items,1412319241 <div>神無月 十月 </div><div>【秋分】末候・水始涸</div><div>【寒露】初候・鴻雁来  次候・菊花開  末候・蟋蟀在戸</div><div>【霜降】初候・霜始降  次候・霎時施</div><div><br></div><div> この月に日本中の神様が、出雲の国(島根県)に集まり会議を開き、</div><div>他の国には神様がいなくなってしまうことから「神無月」と呼ばれてきました。 </div><div>神様の集まる出雲の国では「神在月(かみありづき)」と呼ばれています。</div><div><br></div><div>中秋の名月、9月の十五夜と対になるのがそれから約1ヶ月後、10月の十三夜です。</div><div>十五夜の後にくることから後(のち)の月、</div><div>またこの時期の収穫作物に由来して“栗名月”“豆名月”とも呼ばれます。</div><div>(ちなみに十五夜は“芋名月”)</div><div><br></div><div>かつては十五夜だけお月見することは“片見月”といって縁起の悪いこととされていました。</div><div>十五夜のお月見にくらべ、控えめで忘れられがちな十三夜ですが、</div><div>十五夜の次に美しい月が見えると言われ、“十三夜に曇りなし”という言葉が有るほど</div><div>すっきりした夜空に美しい月が楽しめることが多いようです。</div><div><br></div><div>2015年の13夜は10月25日。</div><div>秋の味覚とおいしいお酒に舌鼓をうちながら13夜を愛でるのもおすすめです。</div><div><br></div> 2016-01-03 2016-01-03 2016-01-03 霜月(十一月) 2016/01/03 tag:sayuu.jp-items,1416883643 <div>霜月 十一月 </div><div><br></div><div>【霜降】末候・楓蔦黄</div><div>【立冬】初候・山茶始開 次候・地始凍  末候・金盞香</div><div>【小雪】初候・虹蔵不見 次候・朔風払葉</div><div><br></div><div> 11月の行事といえば11月15日の七五三。 </div><div>子供たちの成長過程を無事すぎることのお祝いと、厄除けの行事でもあります。</div><div>15日は祝い事に最良の日とされた鬼祝日 </div><div>(鬼が自宅にいる日=鬼が出歩き暴れない(婚礼以外の行事に吉日だとされてきた))で、 </div><div>収穫祭を行う霜月15夜にもあたります。 </div><div>収穫の感謝かたがた、子供の成長を報告し加護を祈るため氏神様に詣でたといわれています。</div><div><br></div><div>11月に入れば少しづつ木々は色付き、紅葉を楽しむ人も増えてきます。</div><div>哲学の道のあたりは永観堂も夜間ライトアップで連日賑わいます。</div><div>人々の目を楽しませてくれた色鮮やかな紅葉が散ると、静かな冬がやってきます。</div><div><br></div><div><br></div> 2016-01-03 2016-01-03 2016-01-03 中村 真紀 / Nakamura Maki 2016/04/26 tag:sayuu.jp-items,1403678872 <table><tbody><tr><td width="70">1997年</td><td>京都市立芸術大学 陶磁器専攻を卒業</td></tr><tr><td width="70">1998年</td><td>国際ガラス展金沢入選</td></tr><tr><td width="70">1999年</td><td>富山ガラス造形研究所造形科を卒業</td></tr><tr><td width="70">2002年</td><td>日本クラフト展入選</td></tr><tr><td width="70">2005年</td><td>朝日現代クラフト展入選</td></tr><tr><td width="70">2006年</td><td>高岡クラフト展入選</td></tr><tr><td width="70">2007年</td><td>京都向日市にMaki Glass Studio設立</td></tr><tr><td width="70"></td><td>京都府美術工芸新鋭選抜展</td></tr></tbody></table> 2016-04-26 2016-04-26 2016-04-26 師走(十二月) 2016/01/03 tag:sayuu.jp-items,1450670079 <div><font size="2"></font></div><div><font size="2">師走 十二月 </font></div><div><font size="2"><br></font></div><div><font size="2">【小雪】末候・楓蔦黄</font></div><div><font size="2">【大雪】初候・山茶始開 次候・地始凍  末候・金盞香</font></div><div><font size="2">【冬至】初候・虹蔵不見 次候・朔風払葉</font></div><div><br></div><div><font size="2">1年の最後の月、12月は 事始めに冬至、クリスマス、大晦日と</font></div><div><font size="2">特に後半から慌ただしくすぎてゆきます。 まさに師匠も走る月ですね。</font></div><div><br></div><div><font size="2">2015年の冬至は12月22日。</font></div><div><font size="2">1年で最も日が短く、[陰]が極まるということで、</font></div><div><font size="2">この日を境に日が長くなり運気も良い方へ向かいます。 (一陽来福)</font></div><div><font size="2"><br></font></div><div><font size="2">過ごし方は地域などによっても様々ですが、</font></div><div><font size="2">運がつくように なんきん(カボチャ) やにんじん、れんこん など(ん)のつくものをたべる、</font></div><div><font size="2">これから厳しくなるさむさに備え、栄養価のあるかぼちゃを食べる、</font></div><div><font size="2">あるいはこんにゃくをたべて1年にたまった砂を出す、ということもあるようです。</font></div><div>そしてさいごに柚子の浮かぶお風呂に入って柚子の香りで邪気祓い、<br></div><div><font size="2">同時に長寿で病気に強い柚子の木にあやかって 無病息災を祈ります。</font></div><div><font size="2"><br></font></div><div>冬至がすぎれば大晦日。<br></div><div><font size="2">行く年を惜しみながら、来る年をこころおだやかに迎えたいものです。</font></div><div><font size="2"><br></font></div><div><br></div><div><font size="2"><br></font></div><div style="font-size: small;"><br></div> 2016-01-03 2016-01-03 2016-01-03 風薫る―Glass exhibition― 2016/05/12 tag:sayuu.jp-items,1460269879 <p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"=""><br></span></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:="" minor-fareast;mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast;color:#002060"="">柔らかなフォルム、ガラスの豊かな色彩。生活に彩を添えるうつわたち…</span><span style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:minor-fareast;="" mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast"="">。<span lang="EN-US">(</span>中村真紀 </span><span style="font-size:9.0pt;font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:minor-fareast;="" mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast"="">なかむらまき</span><span lang="EN-US" style="font-family:" MS="" 明朝","serif";mso-ascii-theme-font:minor-fareast;="" mso-fareast-font-family:"MS="" 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;="" mso-hansi-theme-font:minor-fareast"="">)<o:p></o:p></span></p>//<p class="MsoNormal" style="font-size: small;"><br></p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">風薫る五月、青々とした若葉の美しい頃。京都・哲学の道沿いのギャラリー・若王子倶楽部左右で</p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">GWに合わせてガラス作家、中村真紀さんの個展、ならびにオープニングイベントを開催いたします。</p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">やわらかな光と優しい揺らぎをそっと閉じ込めた中村真紀さんの世界をぜひ手にとってお楽しみください。</p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">〇展覧会詳細</p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">2016年4月28日(木)~5月10日(火)</p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">10:00 ~ 18:00 会期中無休</p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">作家在廊日 4月28日他 HPにて更新</p><p class="MsoNormal" style="font-size: small;">会場 若王子倶楽部左右</p><p class="MsoNormal"><span style="font-size: 12px; line-height: 18px;">〇イベント案内</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size: 12px; line-height: 18px;">2016年4月28日 18:00~</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size: 12px; line-height: 18px;">Guest 吉田まさきこ</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size: 12px; line-height: 18px;">     ワインソムリエ、ワイングロッサリー社長</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size: 12px; line-height: 18px;">定員10名 3,000円※要予約(左右まで)</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size: 12px; line-height: 18px;">中村真紀さんと一緒に、お話とうつわ、</span></p><p class="MsoNormal"><span style="font-size: 12px; line-height: 18px;">そしておいしいワインを楽しむひととき…</span></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">〇作家紹介</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">京都・西向日に工房</span></font><a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E4%B8%AD%E6%9D%91+%E7%9C%9F%E7%B4%80+%EF%BC%8F+Nakamura+Mak" target="_blank">≪Maki Glass Studio≫を構える中村真紀さん</a><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">。</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">日本の気候に、風土にあうガラスのうつわを提案しています。</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">吹きガラスの技法で、まったく同じかたちのものは世界にひとつもない、</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">まさに一期一会の作品ばかりです。</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">Artist profile</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">1997 京都市立芸術大学陶芸専攻卒業</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">1999 富山グラス造形研究所造形科卒業</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">2002 日本クラフト展入選 他入選多数</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">2007 Maki Glass Studio 設立</span></font></p><p class="MsoNormal"><font size="2"><span style="line-height: 14.95px;">現在、展覧会、お茶道具など幅広く活躍</span></font></p> 2016-05-12 2016-05-12 2016-05-12 New 加藤泰一 2015/11/01 tag:sayuu.jp-items,1444722132 <div><span style="color: rgb(0, 102, 153); font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; font-size: 12px; line-height: 18.2px; background-color: rgb(238, 238, 238);"> </span><span style="background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">加藤泰一</span></span></div><div><span style="background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><br></span></span></div><span style="background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">1964 京都市に生まれる</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">     父加藤実は有吉佐和子著「青い壺」の主人公牧田省造のモデル</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">     祖父は初代加藤溪山</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">1986 同志社大学卒業</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">  〃   京都府立陶工職業訓練校 成形科(主に陶器成形)</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">1987 京都府立陶工職業訓練校 専攻科(主に磁器成形)</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">1988 京都市工業試験場  研修コース(主に釉薬研修)</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">1989 イタリア国立ファエンツァ陶芸専修校1PAM(マヨリカ科)</span><br style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;"><span style="font-family: 'MS 明朝', 'MS P明朝', 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 細明朝体, 平成明朝; font-size: medium;">1990以降 デパート、ギャラリー、などで作陶展</span></span> 2015-11-01 2015-11-01 2015-11-01 不易流行~澤村陶哉×足立康庸 工房一門展 2016/01/03 tag:sayuu.jp-items,1444708882 <div></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><span style="color: rgb(255, 0, 0);">終了いたしました。</span></div>《不易流行~澤村陶哉×足立康庸 工房一門展》<div>2015年10月31日(土)~2015年11月17日(火) 10:00~18:00 水曜休み</div><div><br></div><div>京焼・三代目澤村陶哉氏と蒔絵・足立康庸氏、そしておふたりの工房メンバーによる</div><div>京都らしい繊細な品々を、紅葉の美しい哲学の道と合わせてお楽しみください。</div><div>出展作家・<a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E6%BE%A4%E6%9D%91+%E9%99%B6%E5%93%89+%EF%BC%8F+Sawamura+Tosai" target="_blank">澤村陶哉</a> <a href="http://www.sayuu.jp/p005_detail.html?search=%E8%B6%B3%E7%AB%8B+%E5%BA%B7%E5%BA%B8+%EF%BC%8F+Adachi+Koyo">足立康庸</a> 穂積和彦 川角育代 長村萌花</div><div>     西條淳子 柴田恭久 島本恵未 横川千裕</div><div><br></div><div>在廊日(10月27日現在確定分)</div><div>足立康庸・・・・連日(予定) 12時頃より16時頃まで</div><div>川角育代・・・・連日 10時より18時まで</div><div>澤村陶哉工房・・・・連日昼頃 工房より交代で在廊予定</div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div>※本展覧会はギャラリー企画展示として、わん碗one展(五条坂・茶わん坂ネットワーク)に参加しています。</div> 2016-01-03 2016-01-03 2016-01-03 金継ぎ,はじめました。 2016/04/09 tag:sayuu.jp-items,1434170921 <div><br></div><div>若王子倶楽部左右で金継ぎをはじめました。</div><div><br></div><div><br></div><div><span style="color: rgb(102, 51, 0);">器のお直し</span></div><div>状態や大きさ、直し方によってかかるお値段はかわってきますが、</div><div>目安としては小さな欠けや割れであれば2,500円から3,000円~5,000円前後です。</div><div>お気軽にご相談ください。</div><div><span style="color: rgb(102, 51, 0);"><br></span></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div></div><div><br></div><div> <br></div><div><br></div> 2016-04-09 2016-04-09 2016-04-09 獣貝草虫の博物誌Ⅱ  2016/01/03 tag:sayuu.jp-items,1439784844 <div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-weight: bold; font-size: large; font-family: 'MS P明朝';">獣貝草虫の博物誌Ⅱ~河野甲・革造形の世界~</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">人間も含め、生命・生物の形は実に不思議でおもしろい。 ―河野甲氏 </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">秋の訪れを感じる9月半ば。左右と法然院をいきもので繋ぎます。 </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">哲学の道に暮らす虫の鳴き声や魚たち。疎水の水音を背景に、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">河野甲さんの“いきものの世界”をお楽しみください。    </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><div><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div><span style="font-family: 'MS P明朝';">会期 :2015年9月12日(日)~27日(日) ※法然院会場は12日~18日</span></div></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">会場 :若王子倶楽部 左右  10:00~18:00 水曜休み(16日を除く)  </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    法然院・南書院  10:00~16:00 12~18日 </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">在廊日:左右会場 26日、27日</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    法然院会場 12日、13日、18日 (午後より)</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">催し :<span style="font-weight: bold;">いきもの談義~知られざる蜂の世界~  (終了しました)</span></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    9月12日 14時より 法然院・南書院にて</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    蜂の研究家・中谷康弘氏(橿原市昆虫館学芸員)をお招きし、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    いろんな蜂の巣や蜂の標本を見ながら</span><span style="font-family: 'MS P明朝';">社会生活を営むという蜂の</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    知られざる世界へみなさまをご案内いたします。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    メインテーマは《スズメバチの驚異》</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    スズメバチの巣を追い求めて30年以上、その間刺されること20回以上の中谷氏が、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    痛い経験と引き換えに知り得たスズメバチの生態についてお話していただきます。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">   </span><span style="font-family: 'MS P明朝';"> スズメバチの攻撃性や毒性、オスメスの産み分けに刺されたときの対処法の解説など、</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    </span><span style="font-family: 'MS P明朝';">スズメバチが多くなるこれからの季節に必聴のいきもの座談会です。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">        </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    ま</span><span style="font-family: 'MS P明朝';">た、河野甲氏の作品(オオスズメバチのカムイ)をみながらの</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    ギャラリートークも実施いたします。この機会にぜひ会場まで足をお運びください。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    蜂の研究家・中谷康弘氏 略歴</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    1962年 高砂市生まれ</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    神戸大学農学部植物防疫学科卒業(昆虫学専攻)</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    同大学院農学研究家修士課程修了</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    現在橿原市昆虫館 館長補佐・学芸員</span></div> <br><div><span style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">   </span><span style="font-family: 'MS 明朝';">橿原市昆虫館 </span><a href="https://www.city.kashihara.nara.jp/insect/index.html" target="_blank">《HP》</a><span style="font-family: 'MS 明朝';"> </span></div><div><span style="font-family: 'MS 明朝';">   橿原市昆虫館には河野さんの作品(革の昆虫模型など)も数多く展示されています。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    </span><span style="font-family: 'MS P明朝';"> ※また、17時頃より若王子倶楽部左右にて交流会(会費2,000円)も開催いたします。</span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><span style="font-family: 'MS P明朝';">    </span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><span style="font-family: 'MS P明朝';"><br></span></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><br></div> 2016-01-03 2016-01-03 2016-01-03 小さなきょうと~左右の豆皿~展  2015/11/01 tag:sayuu.jp-items,1444032104 <span style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"></span><div><span style="font-family: メイリオ;">3周年企画 “</span><span style="font-family: メイリオ; color: rgb(153, 0, 0);">小さなきょうと~左右の豆皿~</span><span style="font-family: メイリオ;">”展</span><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">手のひらに乗るほどの小さな器たち。</div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">わずか3寸ほどの小さな器には日本の美意識や素材の面白さやデザイン、技術がぎゅっと</div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">詰め込まれています。そんな京都の豆皿・小皿たちをバラエティ位豊かに取り揃えました。</div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">ぜひ一度お手にとって小さな工芸品たちをゆっくりとご覧下さい。</div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">皆様に“ちいさきを愛でるこころ”楽しんでいただければ幸いです。</div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';">前期・2015年10月3日~30日       後期・2015年11月19日~12月10日</div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><br></div></div> 2015-11-01 2015-11-01 2015-11-01 哲学の道 いきもの疏水調査 更新2015.08.09 2015/10/13 tag:sayuu.jp-items,1434165624 <div style="font-size: small;"><br></div><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%';"><div style="font-size: small;"><br></div><div style="font-size: small;"><br></div><div style="font-size: small;"><br></div><div style="font-size: small;"><br></div><div style="font-size: small;"><br></div><div><p style="margin: 0px 0px 6px; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: 14px; color: rgb(204, 0, 0);">2015年8月9日更新</span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: 14px;">[</span><span style="font-size: small;">疏水いきもの調査] ~調査結果報告~</span></p><p style="margin: 6px 0px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;">8月2日、大人もこどももあわせて約40名でいきもの調査を実施しました。</span></p><p style="margin: 6px 0px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;"><br></span></p><p style="margin: 6px 0px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;">みつかったいきものリスト(↓下記)をみていると琵琶湖固有種もちらほら…<span class="text_exposed_show" style="display: inline;"><br>琵琶湖とのつながりを感じられる調査にもなりました。<br>琵琶湖固有種・ネジレモは名前の通りねじれていますね!</span></span></p><div class="text_exposed_show" style="display: inline; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><p style="margin: 0px 0px 6px;"><span style="font-size: small;">名前の理由なんかもひもといていくと単純だったり奥が深かったりでおもしろいのです。 ニゴイは鯉に似てるから 二 ゴイ、とか。<br>他にも金尾さんのいきものトリビアにみんな興味シンシンの真剣でした(^^) これもまとめてお披露目したいところです。</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">疏水の生き物で国外外来種が多いのは皆さん意外だったようです。<br>今回はブルーギル、オオクチバス、ミシシッピアカミミガメなど…</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">どの子もいきものとしては魅力的で可愛いですが生態系への影響は<br>可愛くありません。<br>力の強い外来種は、日本の固有種を追いやってしまうだけでなく、<br>それによって固有種同士の貝と魚の持ちつもたれつの関係にも大きな影響を及ぼしているそうです。<br>(例えば貝に卵を産み付けて守ってもたったり… とはいえ共生というほど綺麗ごとではないそうですが…笑)</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">哲学の道はここ数年海外の方がとても増えてにぎやかですが、<br>魚と貝の国際交流は上手くいかないことが多いようです。ムズカシイ…</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">ちなみに今回の調査では国外外来種は生態系保護のため、</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">採捕した後は疏水にもどさずホルマリン漬けの標本にして保存されます。</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small; line-height: 19.3199996948242px;"><br></span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small; line-height: 19.3199996948242px;">第1回疏水いきもの調査の成果報告をかねた、疏水いきものマップやいきもの図鑑、</span><br></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">写真などを9月12日より左右と法然院で開催する革造形の展覧会にあわせてご紹介、配布予定です(^^)</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">ぜひ見に来てくださいませ。</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;"><br></span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">《 哲学の道・疏水生き物リスト 》</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">●疏水内 <br>淡水魚……鯉 コウライニゴイ オオクチバス(国外外来種) <br>     ブルーギル(国外外来種) オイカワの稚魚(?目視のみ)</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">爬虫類……ミシシッピアカミミガメ(国外外来種)</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">昆虫類……アメンボ オオアメンボ ヒメアメンボ</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">淡水貝類…タガイ ササノハガイ タテホシガイ ヒメタニシ <br>     カワニナ ビワカワニナの仲間(★琵琶湖固有種)<br>     マツカサガイ(★京都府レッドデータブック準絶滅危惧種)<br>     タイワンシジミの仲間(国外外来種)</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">水草………ネジレモ(★琵琶湖固有種)<br>    <br>●哲学の道<br>昆虫類……蟬(アブラゼミ クマゼミ ニイニイゼミ ツクツクボウシ)<br>     蜻蛉(コオニヤンマ オニヤンマ ハグロトンボ <br>     大シオカラトンボ)<br>     タマムシ コガタスズメバチ</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">陸産貝類…クチベニマイマイ イセノナミマイマイ </span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">他にもまだまだたくさん暮らしているいきものたち<br>第2回目にあらたに出会えるのが今から楽しみです。</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">ここまでお付き合いくださいましてありがとうございました(^^)</span></p><p style="margin: 6px 0px;"><span style="font-size: small;">第2回もよろしくお願いいたします。</span><span style="font-size: 14px;">   </span></p></div></div><div style="font-size: small;"><span style="color: rgb(255, 0, 0);"><br></span></div><div style="font-size: small;"><span style="color: rgb(153, 0, 0);">2015年8月3日更新</span></div><div style="font-size: small;"><p style="font-size: small; margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">第1回疏水いきもの調査 無事開催できました!</p><p style="font-size: small; margin: 6px 0px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">お天気にも恵まれ(恵まれすぎ?)、怪我人病人もなく無事行うことができました。<br>研究員の方々や作家さん、強力な助っ人さん達、参加者の皆様、<br>そして興味を持ってくださっていた皆々様 <span class="text_exposed_show" style="display: inline;"><br>本当にありがとうございました。</span></p><div class="text_exposed_show" style="margin: 0px; display: inline; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px;"><p style="font-size: small; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);">来年は、よりパワーアップした疏水いきもの調査ができるよう</p><p style="font-size: small; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);">また企んでいきたいとおもいます。<br>詳しい内容や取れたものについては後日まとめて報告していきますのでお楽しみに(^^)<br>ありがとうございました。 </p><p style="font-size: 14px; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="font-size: 14px; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);">参加者の“鴨川オタク”さんがすてきなレポートを寄せてくださいました。</p><p style="font-size: 14px; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);">ぜひチェック✔してみてください!</p><p style="font-size: small; margin: 0px 0px 6px;"><a href="http://tetugakunomichi.webnode.jp/news/%E7%AC%AC%EF%BC%91%E5%9B%9E-%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%81%AE%E9%81%93-%E7%96%8E%E6%B0%B4%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E8%AA%BF%E6%9F%BB-%E5%A0%B1%E5%91%8A/" target="_blank" style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: large; font-weight: bold; background-color: rgb(255, 255, 255); color: rgb(51, 51, 153);">第1回 哲学の道疏水生き物調査報告レポート</a><span style="color: rgb(0, 0, 153); font-size: 14px; background-color: rgb(255, 255, 255);"> </span><span style="font-size: 14px; color: rgb(20, 24, 35); background-color: rgb(255, 255, 255);">by 鴨川オタク さん</span></p><p style="font-size: 14px; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="font-size: 14px; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);">FBページにて関連情報や、経過情報、詳しい内容なども随時更新しております。</p><p style="font-size: 14px; color: rgb(20, 24, 35); margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);">こちらも引き続きチェック✔してみてください!</p><p style="margin: 0px 0px 6px;"><span style="color: rgb(255, 0, 0);">更新!</span> <a href="https://www.facebook.com/events/1614912018782788/" target="_blank" style="font-weight: bold; color: rgb(51, 51, 153); font-size: large;">Facebook 第1回哲学の道・疏水いきもの調査</a><br></p></div></div><div style="font-size: small;"><br></div></div> 2015-10-13 2015-10-13 2015-10-13 かたつむり会 2015/07/31 tag:sayuu.jp-items,1436754335 <p style="font-size: 14px; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="font-size: 14px; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;">【かたつむり会】 19日更新</span><br></p><p style="font-size: 14px; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; margin: 6px 0px; color: rgb(20, 24, 35); line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">17日の大雨の影響が心配でしたが、<br>無事かたつむり会が開催できました。<br>とっても興味深いお話をしてくださった河野さん、<span class="text_exposed_show" style="display: inline;"><br>お越しくださいました皆様、<br>そしていいねを押したり、記事をおもしろがってくださった<br>皆々様、ありがとうございました。</span></p><div class="text_exposed_show" style="font-size: 14px; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; display: inline; color: rgb(20, 24, 35); line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><p style="margin: 0px 0px 6px;">18時からはじまったかたつむり会。<br>河野甲さんのかたつむりにまつわる遺物伝承のお話からはじまり、</p><p style="margin: 0px 0px 6px;">かたつむりや最強生物くまむしのおはなし、<br>そしてジャポニカ学習帳の虫問題へ。<br>他にも鍼灸マッサージ師さんによるからだのおはなしなどなど<br></p></div><p style="font-size: small; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="color: rgb(20, 24, 35); font-size: 14px; line-height: 19.3199996948242px;">いきものを中心に話題が広がり 楽しい夜を過ごすことができました。</span></p><p style="font-size: small; font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; margin: 0px 0px 6px; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;"><span style="line-height: 19.3199996948242px; color: rgb(0, 102, 0);">※かたつむりにまつわる遺物伝承めぐり</span><br></span></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">10年程前よりかたつむりの魅力にとりつかれた皮革造形作家の河野さん。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">かたつむりの作品も数多くつくっていますが、</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">そんな革造形の仕事の合間に陸産貝類を求め各地の山々をまわり、</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">採集地近辺のいきものにまつわる寺社仏閣、遺跡遺物も取材し</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">その記録を《かいなかま》に寄稿しています。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">かつて取材した神社のいくつかは先の震災であとかたもなく流されたそうです。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">“形あるものはいつかその形をかえ、なくなるけれど</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">存在の証を残したいのは人間の性だと思う。” </span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">そんなふうに綴られていました。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">かたつむり会では今まで寄稿した《貝にまつわる遺物伝承めぐり》(1)~(5)を</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">中心に様々なかたつむりの話をしていただきました。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">そのなかから一部ご紹介いたします。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;"><br></span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; color: rgb(0, 153, 0); font-size: small;">〇埼玉県秩父市の道陸神(どうろくじん)さま</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">道陸神さまは耳の神様で、拝むと耳の病気が治るという。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">この神様は穴の空いたものをとても好むといい、この地方ではデエロウというかたつむりの</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">殻を糸につるべて供えている。糸には備えた人の年齢と同じ数だけつるべて、</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">耳の病気が治ったあかつきにはお礼に同じものをふたたび備えたそうな。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">河野さんが取材で訪れたときは、みかん用の網袋に</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">ヒダリマキマイマイやミスジマイマイが入れてつるされてあったそうです。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">ちなみに耳や鼻など首から上の病に、穴のあいたものを願掛け奉納する風習は各地にあるが</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">蝸牛の殻を備えるのは秩父地方に限られるそうです。</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;"><br></span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; color: rgb(0, 153, 0); font-size: small;">〇祟道天皇社(すどうてんのうしゃ)の蝸牛灯籠</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">灯籠は奈良時代に仏教とともに日本に伝わり、平安神社に神社にも普及したと言われており、</span></font></p><p style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">石灯籠はあかりとしての役割だけでなく、彫り込まれた様々な意匠が私たちを楽しませてくれます。</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">鹿などはよく目にしますが、かたつむりを彫り込んだものは大変めずらしく、</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">その希な灯籠は奈良県奈良市・祟道天皇社の細長い山道の奥まったところにあるそうです。</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">一対ある灯籠それぞれの笠の上に這い上った蝸牛の造形は、</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">灯籠全体のバランスによく配慮され、写実的でありながら決して技巧を見せつけるような</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">あざとさはなく、大胆でありながら侘びている、と河野さん。</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">そこまで言われるとますます興味がわいてきます。</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">さてなぜかたつむりなのかというと、推測の域を出ないものの</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: helvetica, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">おそらく雨乞いを祈願して奉納されたと言われています。</span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">この地域(大和平野)は古来水不足に悩まされ続けており、様々な溜池や雨乞い神事の話も</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><font face="helvetica, arial, hiragino kaku gothic pro, meiryo, ms pgothic, sans-serif"><span style="line-height: 19.3199996948242px; font-size: small;">多く残っているそうです。</span></font></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;">かたつむり灯籠が奉納された文政5年前後には奈良吉野郡の住民による</span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;">吉野川分水計画や、水を求めた紀州農民の百姓一揆もあったと記録に残っています。</span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;">かたつむり灯籠にこめられた人々の悲願が叶えられたのは昭和に入ってからだったものの、</span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;">その長いあいだ人々の願いをかたつむり灯籠が照らしつづけていたことは間違いなさそうです。</span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;"><br></span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-size: small;">関連記事</span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><a href="http://www.pref.kyoto.jp/kyotodoboku/1330410736400.html" target="_blank">鴨川新発見記</a>…河野さんのかたつむり造形が写真ででています。(写真はかたつむり会の時のもの)<br></p><p style="font-size: small; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="font-size: small; margin: 0px 0px 6px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p> 2015-07-31 2015-07-31 2015-07-31 レポート 座談“無駄”と“無作為”  2015/05/25 tag:sayuu.jp-items,1432536172 <span style="font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; font-size: 12px; color: rgb(0, 102, 153); line-height: 18.2000007629395px; background-color: rgb(238, 238, 238);"></span><div style="font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, arial, 'Unicode MS', ' line-height:1.8em; min-height:100%'; font-size: small;"><span style="color: rgb(0, 102, 153); font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; font-size: 12px; line-height: 18.2000007629395px;">座談会 無駄と無作為 17日</span></div><div><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">若王子倶楽部は5月17日、文人画家、田能村直人が哲学の道の一端に建てた蔵をサロンに</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">約10数名の参加者が集い、藤平寧さんと一緒に</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">ゲストの高田公理さん(武庫川女子大学名誉教授 比較文化論)を招いて</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">“無駄”と“無作為”をテーマに座談を催しました。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">陶芸家の父、藤平伸氏の影響を受けながらも自然体で作陶を続けて26年。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">同倶楽部のギャラリーで開いている展覧会「藤平寧の世界~無作為のあそび~」の</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">関連企画として行ったものです。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">作品は無駄というよりは、遊び心で無心に手びねりで生み出された、あるがままの作品は</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">見る人に不思議さ、面白さなどが感じられ、癒されるという印象を受けた人が多かったようです。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">座談のテーマが“無駄”“無作為”という哲学的な意味合いがありましたが、</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">参加者それぞれの思いを発言され盛り上がりました。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">藤平さんは陶芸の道を歩んでいる時、突然、気の抜けた状態に陥り、</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">そこから無駄づくりの作品を思い立ったそうです。作ってみると、無駄と思って作った作品が</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">面白いということに</span><span style="font-family: 'MS 明朝'; line-height: 17.0240001678467px;">気づいた。自身の中では無駄と無作為はまったく違う感覚で、</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝'; line-height: 17.0240001678467px;">無作為に作ったものに気負いがないように思うそうです。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">高田さんは藤平さんの作品を見られて、ダイナミックさを感じたと話されました。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">無駄と無作為は違うもので、りょうしゃにある種の緊張感があるのではないか。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">無駄なことをするのは人間だけですと。</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">参加者はクリエイターが多かったですが、それぞれの立場で真剣に考え、議論に加わっておられ、</span></p><p style="margin: 0px; padding: 0px; line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';">有意義なひと時を過ごされました。(文責:岡田清治)</span></p><span style="line-height: 17.0240001678467px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="font-family: 'MS 明朝';"><br></span><br></span><span style="font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; font-size: 12px; color: rgb(0, 102, 153); line-height: 18.2000007629395px; background-color: rgb(238, 238, 238);"><br></span></div> 2015-05-25 2015-05-25 2015-05-25 ほたる会 2015/07/24 tag:sayuu.jp-items,1433398085 <div style="margin: 0px; font-family: 'MS PGothic';"><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; font-size: 14px; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"></p><div class="text_exposed_show" style="margin: 0px; color: rgb(51, 51, 51); font-family: メイリオ, 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS'; font-size: small; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; letter-spacing: normal; line-height: 26px; orphans: auto; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 1; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; display: inline; background-color: rgb(255, 255, 255);"></div><p></p><div style="margin: 0px; color: rgb(51, 51, 51); font-size: small; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; letter-spacing: normal; line-height: 26px; orphans: auto; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 1; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; font-family: 'MS PGothic'; background-color: rgb(255, 255, 255);"><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;"><br></span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;"><br></span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;"><br></span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;"><br></span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;"><br></span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;"><br></span></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><span style="line-height: 19.3199996948242px;">♬ ほーほー ほーたる来い</span><br></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">こっちの水はにがいぞ<br>あっちの水は甘いぞ ♪</p><p style="margin: 6px 0px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="margin: 6px 0px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">哲学の道、疎水べりはほたるの名所です。<span class="text_exposed_show" style="display: inline;"><br>今年の夏は前倒しということで、ほたるも急ぎ足で出てきたようです。<br>ほたるが楽しめるのはわずかな時期で、<br>気づけばおわっているということも…。そんなわけで<br>左右では“水”の展示にあわせ、6月5日に “ほたる会” を開催いたします。</span></p><div class="text_exposed_show" style="margin: 0px; display: inline; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><p style="margin: 0px 0px 6px;">夕方からのんびり集まってきて、、<br>おいしいお酒とわいわいお話をたのしんだあと、<br>夜がふけてきたらほたる散歩にでかけましょう^^)</p><p style="margin: 6px 0px;">“水”をテーマにした作品たちと、おいしいお酒をご用意して<br>皆様のお越しをおまちしております(^^)</p></div></div><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);"><br></p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">《ほたる会》</p></div><div class="text_exposed_show" style="margin: 0px; display: inline;"><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">6月5日(金) 18時30~</p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">場所:若王子倶楽部左右 2階洋間 (左京区若王子町15)</p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">会費:おひとりさま¥1,500</p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">要予約(メールかお電話、FBにてお願いいたします。)</p><p style="margin: 0px 0px 6px; color: rgb(20, 24, 35); font-family: helvetica, arial, 'lucida grande', 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; line-height: 19.3199996948242px; background-color: rgb(255, 255, 255);">電話:075-708-2086 メール:info@sayuu.jp</p><div><br></div></div> 2015-07-24 2015-07-24 2015-07-24 座談 “無駄”と“無作為” 2015/05/25 tag:sayuu.jp-items,1430804834 //////////展覧会「藤平寧の世界~無作為のあそび~」の関連企画として、/座談 “無駄”と“無作為”を開催いたします。//大学で考古学を学んだ後、陶芸家の父・藤平伸さんの影響もあり/自然なながれで陶芸の世界に入り26年。/藤平さんは、現在作品づくりで“無作為”“あそび”などを/ひとつのキーワードにしているといいます。/そんな藤平寧さんと各回異なるゲストをお呼びして/“無駄”“無作為”とはいったいなんなのか、参加者の方々も交え色んな視点から探ります。//5月17日(日)14:00~ ゲスト:高田公理(武庫川女子大学名誉教授 比較文化論)/5月22日(金)19:00~ ゲスト:中西義照(建築家)/参加無料 各回1時間程度 /要予約(メールかお電話、Facebookにてお願いいたします。)// 2015-05-25 2015-05-25 2015-05-25 水のいろ 水のかたち 2015/08/04 tag:sayuu.jp-items,1433562995 <div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div>日本の豊かな自然の源といえる“水”</div><div>左右のすぐそば哲学の道の琵琶湖疎水にはいつも清らかな水が穏やかに流れ、</div><div>豊かな自然やたくさんの生きものたちを育んでいます。</div><div>京都に限らず、みずの豊かな日本では昔から人々は水と暮らし、水を使い、そして</div><div>水を楽しんできました。</div><div>工芸の世界でも青海波に観世水、波に千鳥をはじめ、水の意匠は挙げればきりがないほど。</div><div>いかに日本人と水の関わりが深く、水に親しんできたかがわかります。</div><div><br></div><div>左右では6月から7月、雨の多いこの時期に</div><div>ガラス、陶磁器、金属など、作家それぞれが“水”をテーマにした作品をご紹介いたします。</div><div>緑豊かな東山とたくさんの生きものが暮らす疎水べり。</div><div>自然に恵まれた場所にある若王子倶楽部左右で、</div><div>“水”という色も形もないものの表現を通して “水”をみつめるきっかけになれれば幸いです。</div><div><br></div><div>作家:植田千香子(金工)河野甲(皮革)</div><div>   澤村陶哉(陶磁器) 林紅村(磁器)藤平寧(陶磁器) 藤平三穂(陶磁器) </div><div>   中村真紀(ガラス)象彦(漆器)加藤秀城(書) (順不同)</div> 2015-08-04 2015-08-04 2015-08-04 朝ごはんのうつわ~職人たちの提案~ 2015/04/20 tag:sayuu.jp-items,1425880698 /一日のはじまり、毎日の暮らしの基本ともいえる“朝ごはん”/和食が世界無形文化遺産に認められ、食への関心が高まったものの、毎日の食事はどうでしょうか。/慌ただしい日々の暮らしのを、朝の時間を大切にするところから見直してみませんか。/豊かな朝の時間をすごすための、朝ごはんとうつわ。/京都の若い職人たちと、料理家・麻育子氏の提案するうつわたちをご紹介いたします。/京都の上質な手仕事を皆様の暮らしに取り入れていただければ幸いです。/また、贈り物、オーダーメイドなども各種承ります。お気軽にご相談くださいませ。//<a href="./p005_detail.html?search=%E6%9C%9D%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A4%E3%82%8F%EF%BD%9E%E8%81%B7%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%8F%90%E6%A1%88%EF%BC%92%EF%BD%9E" target="_blank"><span style="color:#800000;">朝ごはんのうつわ~職人たちの提案2~<span/></a>   <a href="./p005_detail.html?search=%E6%9C%9D%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A4%E3%82%8F%EF%BD%9E%E8%81%B7%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BD%9E" target="_blank"><span style="color:#800000;">職人たちの紹介≫<span/></a>   <a href="./p009_detail.html?num=5" target="_blank"><span style="color:#800000;">研究会の紹介≫<span/></a> 2015-04-20 2015-04-20 2015-04-20 「藤平寧の世界」~無作為のあそび~ 2015/06/30 tag:sayuu.jp-items,1428293092 /企画展【 藤平寧の世界 ~無作為のあそび~ 】/2015年5月1日(金)~5月24日(日)//「この世は効率を求めて量とスピードの時代である。/もちろん、その恩恵を大いにうけているので否定するものではないが/時折ふと立ち止まってみる。/作品はいつも自分の心に正直だ。/今の私の興味は「無駄」と「無作為」であろうか」(藤平寧)//陶芸家の父、藤平伸氏の影響を受けながらも自然体で作陶を続け26年。/“無駄”“無作為”をひとつのキーワードに手びねりで生み出される/あるがままの作品たちを新緑の美しい哲学の道を背景にご紹介いたします。/また、期間中、各回異なるゲストをお呼びして藤平寧さんと一緒に/“無駄”“無作為”について探ってみます。/座談“無駄”と“無作為”/5月17日(日)14:00~ ゲスト:高田公理(武庫川女子大学名誉教授 比較文化論)/5月22日(金)19:00~ ゲスト:中西義照(建築家)/参加無料 各回1時間程度 /要予約(メールかお電話、Facebookにてお願いいたします。)/ 2015-06-30 2015-06-30 2015-06-30 きょうを愉しむうつわ 2015/05/05 tag:sayuu.jp-items,1427441102 //~きょうを愉しむうつわ~/2015年3月23日(月)~4月28日(火)/////////桜のつぼみがふくふくとふくらみ、/生き物たちが土の中から出てきて元気に動き始めました。/いろいろなことが始まる予感に溢れる春。/新しい日々を愉しく特別なものにしてくれる“きょう”のうつわたちを取り揃えました。/京ものを中心に澤村陶哉さんのお箸置きをはじめ、春らしい軽やかなうつわたち、/京の老舗象彦さん、清課堂さんの品々はもちろん、/若い職人さんたちのきょうのうつわも並びます。/冬のしんとした静かな気配も春の甘いにおいと桜の装いへとかわった哲学の道で、/華やかなきょうのうつわたちとおまちしております。/皆様の“きょう”をもっと愉しくできるように願って…。//若王子倶楽部 左右/// 2015-05-05 2015-05-05 2015-05-05 柴田恭久 京焼 更新2016.3.18 2016/03/19 tag:sayuu.jp-items,1435566915 <div><br></div> “高い技術で細部まで緻密に作られたものは一見するとシンプルです。<div>毎日普通に使うことができるシンプルで飽きのこないもの、</div><div>ぱっと見ではわからない洗練された完成度の高いものづくりが目標です”  柴田恭久氏</div><div><br></div><div>手で持ったときにどうか、ということをいつも気にかけてつくっているという</div><div>柴田さんのうつわは、どれも手によくなじみ、持った時の心地よい質量感が魅力です。</div><div>柴田さんを代表する竹のシリーズは</div><div>いつ見ても質が高く新鮮で、こだわりの一品です。</div><div><span style="color: rgb(0, 102, 153); font-family: 'MS Pゴシック', Osaka, 'arial Unicode MS', メイリオ; font-size: 12px; line-height: 18.2000007629395px; background-color: rgb(238, 238, 238);"></span><br></div> 2016-03-19 2016-03-19 2016-03-19 渡部味和子 赤絵の世界 2016/03/19 tag:sayuu.jp-items,1408155461 繊細な絵付けが魅力の渡部味和子さん。/見えるところはもちろん、/高台まわり、フタの内側、反対側…/360度どこからみても広がる渡部さんの繊細でやさしい世界です。 2016-03-19 2016-03-19 2016-03-19 朝ごはんのうつわ~職人たちの提案2~ 2015/04/20 tag:sayuu.jp-items,1425025808 /一日のはじまり、毎日の暮らしの基本ともいえる“朝ごはん”/和食が世界無形文化遺産に認められ、食への関心が高まったものの、毎日の食事はどうでしょうか。/慌ただしい日々の暮らしのを、朝の時間を大切にするところから見直してみませんか。/豊かな朝の時間をすごすための、朝ごはんとうつわ。/京都の若い職人たちと、料理家・麻育子氏の提案するうつわたちをご紹介いたします。/京都の上質な手仕事を皆様の暮らしに取り入れていただければ幸いです。/また、贈り物、オーダーメイドなども各種承ります。お気軽にご連絡くださいませ。//<a href="./p005_detail.html?search=%E6%9C%9D%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A4%E3%82%8F%EF%BD%9E%E8%81%B7%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%8F%90%E6%A1%88%EF%BD%9E" target="_blank"><span style="color:#800000;">朝ごはんのうつわ~職人たちの提案1~<span/></a>   <a href="./p005_detail.html?search=%E6%9C%9D%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A4%E3%82%8F%EF%BD%9E%E8%81%B7%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BD%9E" target="_blank"><span style="color:#800000;">職人たちの紹介≫<span/></a>   <a href="./p009_detail.html?num=5" target="_blank"><span style="color:#800000;">研究会の紹介≫<span/></a> 2015-04-20 2015-04-20 2015-04-20 朝ごはんのうつわ~職人たちの紹介~ 2015/03/28 tag:sayuu.jp-items,1425086697 /////////////2014年春 京都で活躍する若い職人たちと、/工芸を中心に”工芸と食””工芸と自然”など/いろいろな観点から暮らし方をみつめなおそうと勉強会をはじめました。/若い職人たちに料理家・麻育子氏を交え、うつわを様々な切り口から考えてきました。/夏に「朝ごはん」をいただくうつわをテーマに決め話し合いや試作を重ねてきました。//朝ごはん、という1日の暮らしのはじまり、基本とも言えるごはん。/日本の伝統食ともいえる常備菜を、土鍋で炊いた美味しいご飯と/お出汁のきいたお味噌汁といただく。/そんな日本人らしくやさしい朝をすごすための料理家と若い職人たちの提案です。//朝ごはんのうつわ、に取り組んだ職人は30代を中心に陶工、漆工、金工の7人。/陶磁器・穂積和彦さん、柴田恭久さん、廣田亜紗子さん、長村萌花さん。/漆工・藤岡圭子さん、川角育代さん。/金工・植田千香子さん、です。//<p><a href="/p010_detail.html?num=12" target="_blank"><span style="color:#800000;">穂積和彦さん≪陶工≫</span></a></p>京焼・3代澤村陶哉氏に師事。/大きな手で繊細な器を生み出す高い轆轤技術をもつ穂積さん。/今回は常備菜をいれるふたものや、ごはんもお茶漬けでもゆったりはいる/ご飯茶碗などを提案します。//<p><a href="/p010_detail.html?num=16" target="_blank"><span style="color:#800000;">柴田恭久さん≪陶工≫</span></a></p>京都で12年間修行したのち、独立開窯した柴田さん。/朝の目にやさしい伊羅保の土瓶、幅広い用途でつかえる布袋碗や、/夜常備菜をいれ、冷蔵庫で保管して朝そのまま食べられる陶器のお重など、/自由な発想で朝ごはんをいただけるうつわたちです。//<p><a href="/p010_detail.html?num=13" target="_blank"><span style="color:#800000;">廣田亜紗子さん≪陶工≫</span></a></p>2014年に10年修行した工房を卒業し、春からは絵付けの勉強をはじめる廣田さん。/飯椀にも鉢にもつかえるふところのひろいうつわや、すがすがしい朝にぴったりな/鮮やかな青磁の豆皿。朝ごはんがたのしくなるうつわたちです。//<p><a href="/p010_detail.html?num=15" target="_blank"><span style="color:#800000;">長村萌花さん≪陶工≫</span></a></p>日本画を大学で学び、10年前に陶芸の世界に飛び込んだ長村さん。/自然の草花やいきものを題材にやわらかな感性で生み出される長村さんの世界。/いっちんという技法をつかった今回のご飯茶碗は、心地よい手触りと、/あたたかい乳白色が朝ごはんにぴったりです。//<p><a href="/p010_detail.html?num=11" target="_blank"><span style="color:#800000;">藤岡圭子さん≪漆工≫</span></a></p>京都の伝統産業技術者研修漆工本科を終了後、/個展や展覧会、お茶道具制作など幅広い活動を続けている藤岡さん。/朝の食卓を和ませてくれる葉っぱのお皿。/どれも日本の料理と関わりの深い葉っぱがモチーフです。//<span style="color:#800000;">川角育代さん《漆工》</span>/芸大、研修所で漆工を学び、現在は京都の蒔絵師・料理家 足立康庸氏の工房で/学びながら日々のうつわや金継ぎをしている川角さん。/両手で包み込むように持ってゆっくりお出汁のきいたお味噌汁をいただく。/まんまる拭き漆のお椀で気持ちもまんまるになれそうです。//<p><a href="/p010_detail.html?num=17" target="_blank"><span style="color:#800000;">植田千香子さん≪金工≫</span></a></p>父である植田参稔氏のもと金工芸の修行を重ねた植田さん。/茶道具、香炉などの制作の傍ら、身近な生活道具にも取り組んでいる植田さん。/朝ごはんの後、銀の急須でゆっくり丁寧にお茶をいれていただいてほっと一息。/なんとも贅沢なひとときです。//<a href="./p005_detail.html?search=%E6%9C%9D%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A4%E3%82%8F%EF%BD%9E%E8%81%B7%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%8F%90%E6%A1%88%EF%BD%9E" target="_blank"><span style="color:#800000;">朝ごはんのうつわ~職人たちの提案1~<span/></a>   <a href="./p005_detail.html?search=%E6%9C%9D%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A4%E3%82%8F%EF%BD%9E%E8%81%B7%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%8F%90%E6%A1%88%EF%BC%92%EF%BD%9E" target="_blank"><span style="color:#800000;">朝ごはんのうつわ~職人たちの提案2~<span/></a>///// 2015-03-28 2015-03-28 2015-03-28 「若い職人たちのうつわ」と“春を待つ日本の朝ごはん” 2015/04/20 tag:sayuu.jp-items,1422172650 料理教室~日本の伝統食である常備菜を美味しいごはんとともに~/日時:2015年2月21日(土)4時~7時頃  夜の部 ¥3,500/     22日(日)10時~1時頃 朝の部¥3,000/講習内容:昆布と鰹節で丁寧にお出汁をとったお味噌汁/     常備菜数種類(ちりめん山椒など)、京北町でとれる野菜を使った1品/講習の後「若い職人たちの器」を使って試食会をいたします。夜の部は+1品おかず付/講師:「料理教室 麻」主宰 麻育子    定員:各回10名  /場所:風伝館 [京都市上京区大門町253]  /地下鉄烏丸線丸太町2番出口から徒歩10分/※出口を出て、マクドナルドを右手に右折(交差点は渡りません)/       →右前方に見える滋賀銀行を目印に、手前の小道(室町通)を右折/       →そのブロックの左奥の町家です。/お申込み・問合せ先:若王子倶楽部左右 (水曜定休)075-708-2086 info@sayuu.jp/ 2015-04-20 2015-04-20 2015-04-20 ~料理家と若手職人の研究会~いよいよ発表です! 2015/03/01 tag:sayuu.jp-items,1423552112 ● 料理教室 “春を待つ日本の朝ごはん”~若い職人たちのうつわをつかって~//日時:2015年2月21日(土)16時~19時頃  夜の部¥3,500/     2月22日(日)10時~13時頃  朝の部¥3,000/講習内容:昆布と鰹節で丁寧にお出汁をとったお味噌汁/     常備菜数種類(ちりめん山椒など)、/     京北町でとれる野菜を使った1品/講習の後「若い職人たちのうつわ」を使って試食会をいたします。 夜の部は+1品おかず付/講師:「料理教室 麻」主宰 麻育子  定員:各回10名  /場所:風伝館 [京都市上京区大門町253] / 電話: 075-275-1330/地下鉄烏丸線丸太町2番出口から徒歩10分/お申込み・問合せ先:若王子倶楽部 左右 (水曜定休)/          075-708-2086 info@sayuu.jp/21,22日の両日”若い職人たちのうつわ”のミニ展示・/販売をいたします。イベントに参加されない方も是非のぞきにいらしてくださいませ。// 2015-03-01 2015-03-01 2015-03-01 「朝ごはんのイメージをふくらませ共有する」 2015/02/28 tag:sayuu.jp-items,1423548078 皆で朝ごはん(晩ですが・・・)をともにしながら、/朝ごはんをもう一度考え、/そこから新たにプラスしたい器の提案などを募ります。//1.皆で夕食(ご飯、みそ汁、麻さんの常備菜)を共にし、/  朝ごはんのイメージを膨らませ、共有しました。/2.各自何を作っていただけるか(色・カタチ・大きさをふくめて)を、/  サンプルなどをもとに説明していただき意見交換しました。////// 2015-02-28 2015-02-28 2015-02-28 「朝食メニューから発想をひろげてみる」 2015/02/17 tag:sayuu.jp-items,1422947983 麻さんの考える朝食メニュー/メニュー①:/ *白ご飯(玄米など)、おかゆ *お味噌汁/ *佃煮(自家製ちりめん山椒、おかず味噌、昆布、ふきなど)←蓋物に入れて そのまま食卓に出す もしくは豆皿にいれて出す。/ *おつけもの*梅干し*魚(干物、焼き魚)などのおかず/前日の残り物の野菜の炊いたの、炒めたのなど)/ *卵焼き*お茶/メニュー②:/ *おにぎり/お漬け物、佃煮/果物などを ワンプレートにのせる*お味噌汁(汁物)/いずれも 朝1番に口にするのは 温かい飲み物を出す(例:お白湯、甘酒など)///上記の麻さんのメニューをもとに、またはご自分の提案するメニューやキーワードをもとに自分が作ろうと思うもの、もしくは全体像のラフスケッチを持ちより検討しました。// 2015-02-17 2015-02-17 2015-02-17 「日本の朝ごはんセット」 2015/02/28 tag:sayuu.jp-items,1422944437 若王子倶楽部左右がつくる「日本の朝ごはんセット」/[ターゲット]は婦人画報や家庭画報の読者を想定/どんなアイテムがあり、どのようなものを作ろうと思われるかクリエイターの意見を募りました。/また、「朝ごはん」に関して/・パターン化している中、朝食をどうするか /・きちんとご飯/・次世代に伝える/・ ほんものの食育/などのキーワードがあげられました。/<p><a href="/p010_detail.html?num=11" target="_blank">●藤岡圭子≪漆工≫</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=12" target="_blank">●穂積和彦≪陶工≫</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=13" target="_blank">●廣田亜紗子≪陶工≫</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=15" target="_blank">●長村萌花≪陶工≫</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=16" target="_blank">●柴田恭久≪陶工≫</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=17" target="_blank">●植田千香子≪金工≫</a></p> 2015-02-28 2015-02-28 2015-02-28 「勉強会」 2015/02/28 tag:sayuu.jp-items,1422942252 今回は「勉強会」です。//自身のジャンルについては精通しているものの/違うジャンルのものについては意外となにもわかっていないものです。/そこでみんなでチームを組んで仕事をするにあたり、/すこしでも他ジャンルのものの理解を得られるよう/おのおのが扱っている工芸に関して自由に語っていただきました。//麻さんのお弁当をみんなでいただきました。 2015-02-28 2015-02-28 2015-02-28 「料理家のキッチンに遊ぶ」 2015/02/28 tag:sayuu.jp-items,1422939605 第4回 今回の研究会は「料理教室 麻」主宰の麻育子さん宅で開催させていただきました。 /先日(第3回)の奈良から持ち帰った梅の仕事の情報交換に話が弾みます。/みんなでとりにいった梅を使って、/めいめいが同じものを作る楽しさ・・・。/麻さんのキッチンや器、スパイス類やくらしを拝見してインスパイアされ/うつわづくりに大きな刺激を受けました。 2015-02-28 2015-02-28 2015-02-28 「遠足」~本物の美味しさを自然にもとめて奈良、吉野へうめをとりに~ 2015/02/13 tag:sayuu.jp-items,1422865406 「遠足」~本物の美味しさを自然にもとめて奈良、吉野へうめをとりに~//日時:6月29日 日曜日/行先:奈良県五條市西吉野町賀名生地区//この春から開催している「料理家と若手職人の器の研究会」/6月は、左右に集うお客さま方にもご参加いただき[本物の美味しさを自然にもとめて]奈良、吉野へうめをとりにいきました。/奈良県五條市の梅の生産量(町単位)は日本一で、その歴史は万葉集の歌に詠まれているほど古いそうです。 2015-02-13 2015-02-13 2015-02-13 「新緑の宴」~盛りやすい器、盛りにくい器~ 2015/02/28 tag:sayuu.jp-items,1422667458 「新緑の宴」~盛りやすい器、盛りにくい器~/まばゆいばかりの新緑のもと今回は「若い職人たち」それぞれに/盛りやすい器、盛りにくい器、使いあぐねている器等をご持参いただきます。/私たちはふだん固定概念をもってものを見てしまっていると思います。うつわのつくり手にとってその固定概念を覆すことは、自らの殻を破り違う角度からモノを見ることにつながり、作品づくりにおいてプラスになるのではないかと考えました。/ さて、今回はどんな気づきがあるでしょうか?/<p><a href="/p010_detail.html?num=5" target="_blank">●盛りつけしにくい器いろいろ</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=8" target="_blank">●盛りつけしにくい器も麻さんの手にかかると</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=6" target="_blank">●柴田恭久さんの陶板の皿に盛り付けてみる</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=7" target="_blank">●藤岡圭子さんのお盆に盛り付けてみる</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=9" target="_blank">●鶏トマトソース</a></p>/<p><a href="/p010_detail.html?num=18" target="_blank"> ●後料理はスパゲッティ―</a></p>/ ~どれが美味しそうに見える?~/<p><a href="/p010_detail.html?num=19" target="_blank">●人参サラダ</a></p>//                <p><a href="/p010_detail.html?num=20" target="_blank">●本日のメニューとレシピ</a></p> /<p><a href="/p010_detail.html?num=21" target="_blank">●梅味噌(次回予告)</a></p>            /                    /// 2015-02-28 2015-02-28 2015-02-28 藤平寧 無作為のあそび  更新2015.10.13 2015/10/13 tag:sayuu.jp-items,1422606316 /<div>この世は効率を求めて量とスピードの時代である。</div><div>もちろん、その恩恵を大いに受けているので否定するものではないが、</div><div>時折ふと立ち止まってみる。</div><div>作品はいつも自分の心に正直だ。</div><div>今の私の興味は「無駄」と「無作為」であろうか   藤平寧 (企画展・無作為のあそび より)</div> 2015-10-13 2015-10-13 2015-10-13 日本の食を工芸から考える~料理家と若手職人の研究会~朝ごはんのうつわ 2015/06/15 tag:sayuu.jp-items,1422497944 2015-06-15 2015-06-15 2015-06-15 睦月をいろどるうつわ~日本の古き良き暮らし~渡部味和子 2015/03/27 tag:sayuu.jp-items,1419671099 日本の古き良き暮らし”お正月”/お正月は年神様を迎える厳粛な時。/一家を一年間守る年神様が天から降りてくる時で万事の始まりとされていました。/門松は /年神様が降臨するための目印/鏡餅は年神様への贈り物/お年玉は歳神様への供え物のおすそ分け/年神様の分霊が宿った供え物を授かることで/新たな年を過ごす力が与えられるとされています。//////「<a href="./p017.html" target="_blank"><span style="color:#330066;">澤村陶哉さんのはしおき</span></a>からみる/日本の古き良きくらし・伝統・まつりごと」でおなじみの澤村陶哉さん/繊細な絵付けで大人の女性を魅了する<a href="./p005_detail.html?search=%E6%B8%A1%E9%83%A8+%E5%91%B3%E5%92%8C%E5%AD%90%EF%BC%8F+Watanabe+Miwako" target="_blank"><span style="color:#330066;">渡部味和子さん</span></a>/京都の漆の老舗、<a href="./p005_detail.html?search=%E8%B1%A1%E5%BD%A6+%EF%BC%8F+Zohiko" target="_blank"><span style="color:#330066;">象彦さんの漆器</span></a>など/睦月を彩る器を色々取り揃えてお待ちしております。//2015年1月31日まで。 2015-03-27 2015-03-27 2015-03-27 向付~見立てのうつわ~ 2015/04/07 tag:sayuu.jp-items,1421199869 ///////////////松原一哲/向付~見立てのうつわ~ 2014年11月21日(金)~30日 //桃山時代の美濃陶を現代に蘇らせるべく、作陶を続ける松原さん。/本来お茶の世界で使われる向付ですが、/現代の暮らしにさらりと取り入れてみてはいかがでしょうか。/美濃が、日本が誇る焼き物である黄瀬戸、志野、織部。/遊び心のあるとりどりの向付を紅葉まっさかりの晩秋、/哲学の道でお楽しみ下さい。 2015-04-07 2015-04-07 2015-04-07 いきもの家族~足立康庸と若いなかま~ 蒔絵展 2015/06/13 tag:sayuu.jp-items,1413442386 <div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div>2014年 10月16日(木)~10月28日(火)水曜休み/10:00~18:00(最終日は17:00まで)/足立康庸 坪田直機 大谷卓史/長村萌花 島本恵未 川角育代 橋本リンダ 左近純 横川千裕//蒔絵師・足立康庸さんの生きとしいけるものへの/あたたかい眼差しと慈愛にあふれた漆芸作品は、/私たちにいきることの意味をいつも問いかけています。/この生き方に共感し、集った若いなかまが制作した作品も/あわせて展示いたします。/また、康庸さんの原画をもとに若手の職人たちが取り組んだ/「食卓を彩る秋の豆皿」もあわせて展示いたします。<div><br></div><div> <span style="color: rgb(153, 0, 0);">いきもの家族茶会 </span>2014年10月26日 おひとりさま3,000円 定員各席10名/昼の席14:00~ お話:足立康庸/夕の席17:00~ お話:矢崎一史 足立康庸/茶時 横山晴美(好日居)</div> 2015-06-13 2015-06-13 2015-06-13 3代目林紅村(紅村窯) 西施白磁 2016/03/19 tag:sayuu.jp-items,1403859166 /中国の代表的美女、西施のようになめらかな白玉の肌をもつことから西施白磁と名付けられています。/やさしい乳白色と無駄を削ぎ落とし洗練された形は和洋問わず、どんな場面でもお使いいただけます。/ 2016-03-19 2016-03-19 2016-03-19 松原一哲 安土桃山の美濃陶 2015/03/31 tag:sayuu.jp-items,1415411286 桃山時代の美濃陶を/現代に蘇らせる事を追求し作陶をつづける松原一哲さん。/桃山時代は日本のルネッサンスとも呼ばれ/日本独自でありながら異文化を取り入れたデザインが急速に発展した時代です。/その時代にうまれてきた日本人らしい美意識に溢れた黄瀬戸、志野、織部の器たち。/本来、お茶の世界で使う向付ですが遊び心で/現代の暮らしに取り入れてみるのはいかがでしょうか。// 2015-03-31 2015-03-31 2015-03-31 工藤和彦 北の大地のうつわ 2015/03/31 tag:sayuu.jp-items,1405409349 太古からの北の粘土が語る「うつわ」の力//工藤さんは、北海道の豊かな自然の中で、地元のおよそ2億年前の粘土で/うつわづくりをしています。/この粘土は4万年の歳月をかけ、/日本海を越えて北海道北部に堆積した「黄砂」からなるもので、/2億年前、恐竜がいた白亜紀に地表にあったものです。/この粘土の土色を生かした「黄粉引」を生み出せるのは世界で工藤さんだけです。/そして「白樺ホワイト」は、/永く厳しい北海道の冬の間、薪ストーブで燃やされた/たくさんの白樺の「暖」をいただいたあとの灰である「白樺灰」という恩恵を釉薬にしています。/北海道が育んだ大地や土や火の力、自然からのめぐみ…。/工藤さんの生き方やくらしまでを包み込んだ「うつわ」です。 2015-03-31 2015-03-31 2015-03-31 伊勢崎紳 備前焼 2015/03/31 tag:sayuu.jp-items,1403864585 日本六古窯のひとつとして、遠く鎌倉時代に遡る作陶の歴史を持つ備前焼。/他の産地が時代の変遷の中で、良くも悪くも変容を遂げていく様を尻目に、/始原の手法そのままに、「土味」、「景色」「造形」だけで/千古のむかしより人々を魅了する稀有な焼き物です。/伊勢崎紳さんは、故伊勢崎満さん(岡山県重要無形文化財)の二男に生まれ、/古備前の魅力と伝統の作陶技術に子どものころから親しんできた、生まれついての陶芸家です。/野の花を愛し、自作に生けることを趣味とする伊勢崎さんの作品は、/備前独特の野趣と現代感覚が発露した造形があいまって、「端正なあたたかみ」とでもいうべき/独特の世界観をもっています。/どうぞ土と炎がおりなす窯変の景色を、暮らしの景色に…/ 2015-03-31 2015-03-31 2015-03-31 河野甲 皮革造形作家 2015/07/24 tag:sayuu.jp-items,1403858658 <span style="font-size: small;">/皮革造形作家、河野甲さんが綴る“獣貝草虫の博物誌”をどうぞ手に取ってご堪能くださいませ。/</span><br style="clear:both"><span style="font-size: small;">/作家紹介:河野 甲 </span><span class="smaller blue" style="font-size: small;"><a href="./p005_detail.html?search=%E6%B2%B3%E9%87%8E+%E7%94%B2+%EF%BC%8F+kono+ko">Profile ≫</a></span><div style="font-size: small;"><br></div><div style="font-size: small;">ちなみに撫で虫とつく作品には、河野さん曰くすてきな効能がございます。</div><div><span style="color: rgb(0, 102, 0);"><span style="font-size: small;"> 撫で虫 効能書 </span><span style="font-size: x-small;">~作者の遊び心の戯言~ </span></span></div><div style="font-size: small;">“両の手にて本品を撫でまわし擦りまわしつつ、心の内にて人様の幸福安寧を念ずるほどに</div><div style="font-size: small;">すなはち彼のものに福来るなり。</div><div style="font-size: small;">されど己がために念じたるに効能なし。</div><div style="font-size: small;">何人か撫で虫にて貴殿がために願うなれば、たちどころに福得んことまちがいなし。</div><div style="font-size: small;">また、清きこころもちにて撫でまわし擦りまわしつつ掌のツボを刺激するならば、</div><div style="font-size: small;">心身ともに幸せとないなむ。”    八月社 河野甲  </div><div style="font-size: small;"><br></div> 2015-07-24 2015-07-24 2015-07-24 3代目澤村陶哉 京焼 2016/03/19 tag:sayuu.jp-items,1403864942 手掛けられない作風はないと言われるほど、多彩な表現と技法を誇る京焼。/それらあらゆる様式をこなす技と、繊細さ、上品さを醸し出す感性を3代に渡って継承し/隅々まで美意識が行き届いた器を生み出し続けている澤村陶哉さん。//京都随一、との呼び声高い澤村陶哉さんの繊細で端正な轆轤挽き、/京の伝統と美意識の込められた雅な意匠の数々は/時を経ても古びることなく、人々の暮らしを彩りつづけてくれます。/<br style="clear:both" />/職人紹介:澤村 陶哉 <a href="./p005_detail.html?search=%E6%BE%A4%E6%9D%91+%E9%99%B6%E5%93%89+%EF%BC%8F+Sawamura+Tosai"><span class="smaller blue">Profile ≫</span></a> 2016-03-19 2016-03-19 2016-03-19 中村真紀 硝子 2016/02/07 tag:sayuu.jp-items,1403864364 /京都・西向日に工房《Maki Glass Studio》を構える中村真紀さん。//ガラスが熱で溶け、やわらかに変化していく様を/そのまま閉じ込めたようなプリミティブな造形と、ひかりに溶けあう透明度の高さは/まるで水のうつわを手にしているようです。/同じものはひとつとしてない一点ものばかり。まさに一期一会のうつわたちです。/<br style="clear:both">/作家紹介:中村 真紀 <span class="smaller blue"><a href="./p005_detail.html?search=%E4%B8%AD%E6%9D%91+%E7%9C%9F%E7%B4%80+%EF%BC%8F+Nakamura+Maki">Profile ≫</a></span><div><br></div><div><br></div><div><span style="color: rgb(255, 102, 102);">お知らせ</span><div>2016年5月 (4/28~5/10) 中村真紀さん展覧会開催予定。 </div></div> 2016-02-07 2016-02-07 2016-02-07 Happy X'mas ~楽しい冬支度~ 2015/03/30 tag:sayuu.jp-items,1417250264 Happy X'mas~楽しい冬支度~/2014年12月1日(月)~12月25日(木)/10:00~18::00 (11日より冬季営業につき、~17:00)/クリスマスを彩るツリーや雪だるま、キャンディポット、楽しい生き物。/お正月を迎えるお重などを取り揃えておまちしております。///藤平三穂さんのサンタやトナカイ雪だるまたちとなが尾マミさんのふしぎないきものたちが楽しく並びます。//ふしぎないきもの:なが尾マミ/ツリーキャンディポット:藤平三穂/ 2015-03-30 2015-03-30 2015-03-30 すこし気のはやいクリスマスのティーパーティー 藤平三穂×フランス・アルザス食堂 2014/12/07 tag:sayuu.jp-items,1417833723 [すこし気のはやいクリスマスのティーパーティー]/藤平三穂×フランス・アルザス食堂「シェルーク<CHEZ RUC>」//日時   2014年12月14日(日)15時から/メニュー リンゴとクルミのケーキ  /     たまねぎのタルト(塩味だそうです)/     紅茶・ホットワイン・・・をご用意して/     皆さまをお待ちしております。/定員   10名/参加費用 おひとりさま¥2,000-/お申込み tel:075(708)2086、mail:info@sayuu.jp、facebook、////大人の女性を魅了するかわいい作品をつくりだす藤平三穂さん。/作品の根底にながれるのは、2年間のイタリアでの暮らし。/日本にはない色・柄のガラスやガラス・ビーズ。/白、黒の大理石との出会いが彼女の作風の根底に流れています。///アルザス人である事に誇りを持ち/食材の宝庫アルザスの「変わらないで輝き続けるもの」=「おふくろの味」の価値を/京都で伝えていけたらと思い、親しみある家庭料理を提供する/ルーク・ヴォルヨンさん。//京都とイタリアをコラボする藤平三穂さんと/アルザスと京都を結ぶルークさん/そんなおふたりが出会って展開するおはなし・・・/お話し上手なルークさんの奥様も加わって/とても楽しみなティーパーティーです。 2014-12-07 2014-12-07 2014-12-07 伊勢崎 紳 / Shin Isezaki 2016/04/27 tag:sayuu.jp-items,1461659936 <table><tbody><tr><td width="70">1965年</td><td>伊勢崎満(岡山県重要無形文化財)の次男として生まれる</td></tr><tr><td width="70">1988年</td><td>大阪芸術大学を卒業し、父に師事。その陶技を習得する</td></tr><tr><td width="70">1989年</td><td>第40回岡山県展で特別賞受賞</td></tr><tr><td width="70">1995年</td><td>第42回日本伝統工芸展で入選  日本工芸会正会員となる</td></tr><tr><td width="70">1999年</td><td>独立  以後 受賞、展覧会等多数。</td></tr><tr><td width="70"></td><td></td></tr></tbody></table><!-- --> 2016-04-27 2016-04-27 2016-04-27 工藤 和彦 / Kudo Kazuhiko 2016/04/26 tag:sayuu.jp-items,1461670077 <table><tbody><tr><td width="70">1970年</td><td>神奈川県に生まれる</td></tr><tr><td width="70">1986年</td><td>陶芸を始める</td></tr><tr><td width="70">1988年</td><td>信楽焼の神山清子氏に師事する</td></tr><tr><td width="70">1993年</td><td>北海道上川郡剣淵町に移住、北海道北部の粘土で制作を開始。</td></tr><tr><td width="70">2002年</td><td>旭川市に移住</td></tr><tr><td width="70">2011年</td><td>旧旭川温泉を利用してスタジオバンナを創設</td></tr><tr><td width="70">2013年</td><td>フランスのリヨンで開催のTupiniers du Lyonに日本人として初参加。</td></tr><tr><td width="70"></td><td></td></tr></tbody></table><!-- --> 2016-04-26 2016-04-26 2016-04-26 柴田 恭久 / Shibata Yasuhisa 2016/04/26 tag:sayuu.jp-items,1461670668 <table><tbody><tr><td width="70">1977年</td><td>京都生まれ</td></tr><tr><td width="70">2000年</td><td>龍谷大学哲学科卒業</td></tr><tr><td width="70">2000年</td><td>3代澤村陶哉氏に師事</td></tr><tr><td width="70">2001年</td><td>京都府立陶工高等技術専門学校卒業</td></tr><tr><td width="70">2012年</td><td>京都花園にて独立開窯</td></tr><tr><td width="70">2014年</td><td>京都西山に移窯</td></tr><tr><td width="70"></td><td>京都府知事認可 京焼・清水焼『京もの認定工芸士』認定</td></tr></tbody></table><!-- --> 2016-04-26 2016-04-26 2016-04-26 穂積 和彦 / Hozumi Kazuhiko 2016/04/26 tag:sayuu.jp-items,1461676092 <table><tbody><tr><td width="70">1975年</td><td>奈良市に生まれる</td></tr><tr><td width="70">1994年</td><td>京都 清水の3代澤村陶哉氏に師事</td></tr><tr><td width="70">1996年</td><td>京都府立陶工高等技術専門学校卒業</td></tr><tr><td width="70"></td><td>以後京焼を中心に研鑽、制作に励む<br />京都高島屋などで個展を開催。</td></tr></tbody></table><!-- --> 2016-04-26 2016-04-26 2016-04-26 松原一哲 /Matubara kazunori 2016/04/26 tag:sayuu.jp-items,1415414549 <table><tbody><tr><td width="70">1966年</td><td>岐阜県土岐市に生まれる。</td></tr><tr><td width="70">1988年</td><td>名古屋芸術大学美術学部卒業。</td></tr><tr><td width="70">1989年</td><td>岡山県重要無形文化財保持者の山本出氏に師事。</td></tr><tr><td width="70"></td><td>正眼短期大学の非常勤講師を勤める。</td></tr></tbody></table><!-- --> 2016-04-26 2016-04-26 2016-04-26 トークイベント「カタツムリがこんなに面白い」 2015/06/13 tag:sayuu.jp-items,1413263626 トークイベント「カタツムリがこんなに面白い」/11月15日(土)13:00~14:30/会場 法然院/第1部 陸産貝類のおもしろ基礎知識/    高田良二氏 (西宮市貝類館学芸員)/第2部 高田良二氏×河野甲氏のカタツムリ四方山話/    ~河野甲氏の秘蔵標本をみながら~// 2015-06-13 2015-06-13 2015-06-13 獣貝草虫の博物誌~河野 甲 革造形の世界~ 2015/06/13 tag:sayuu.jp-items,1414489558 幼い頃、お寺や神社で虫とりを楽しんだ河野さんの〝いきものの世界〃。/祀りごとや宗教、自然や四季によりそった/日本人の古き良き暮らしをみなおす若王子倶楽部左右と、生き物が神秘的に暮らしている法然院で、紅葉の「哲学の道」を愛でながらお楽しみください。/革といういのちの副産物を使って、再び生命(いきもの)の形を作る。そしてそれらをポエジーの空間に住まわせることが、私の願わくばの試みです。(河野 甲氏)//2014年11月1日~11月16日(左右会場) 10:00~18:00/2014年11月10日~11月16日(左右・法然院会場) 10:00~18:00(法然院会場は~16:00)/ 2015-06-13 2015-06-13 2015-06-13 河野甲さんと行く!~哲学の道~ 2015/07/20 tag:sayuu.jp-items,1415600929 河野甲さんと行く!哲学の道~若王子倶楽部左右~法然//【獣貝草虫の博物誌~河野甲 革造形の世界~】/10日から法然院会場の展示もはじまりました。/若王子倶楽部・左右会場と、法然院・南書院会場をつなぐいきものマップができました。 /若王子倶楽部左右の庭にはいろんなマイマイ、女郎蜘蛛やヤモリ。/そして樹齢250年を超える木々に囲まれ、梟やムササビ、イタチや猿、猪など多くのいきものが暮らす法然院。/左右と法然院をつなぐ哲学の道をいきものたちを探しながら散策してみてください。// 2015-07-20 2015-07-20 2015-07-20 いきものオーケストラ ~いのち・生きるを考える~ 2015/06/13 tag:sayuu.jp-items,1411351467 地球上に生命が誕生して38億年、私たち人間はそのいきもののひとつです。/いきものが神秘的に暮らしている夜の法然院で、「いのち」や「生きるということ」を考えます。//第一部 シアター「生命誌版 セロ弾きのゴーシュ」/JT生命誌研究館の創立20周年を記念して、宮沢賢治原作の「セロ弾きのゴーシュ」が中村桂子館長プロデュース、プラハで活躍している人形劇師・沢則行の演出で人形劇になりました。水車小屋で動物たちと出会い、いのちの音に気づくゴーシュ。京都ではじめての上映です。//第二部 鼎談「いのち・生きるを考える」/いきものと向き合いながら、現代文明を考え、「どう生きるか」を探す旅を続けるJT生命誌研究館の中村桂子館長、/法然院の梶田真章貫主、蒔絵師の足立康庸さん。/矛盾を抱える現代社会で生きることについて科学者、宗教者、蒔絵師と立場の異なる三人が存分に話し合います。//2014年10月16日(木)18:00~21:00 会場 法然院 志納金/定員100名 要予約(若王子倶楽部左右までお申し込みください。075-708-2086 info@sayuu.jp)/ 2015-06-13 2015-06-13 2015-06-13 「本物の美味しさを自然にもとめて奈良、吉野へ・・・・」第2回: 足立康庸さんと行く大人の遠足 2015/04/12 tag:sayuu.jp-items,1412065277 「本物の美味しさを自然にもとめて奈良、吉野へ・・・・」/大人の遠足第2回:足立康庸さんと“柿の紅葉”を見に行きましょう。/日時:11月17日 月曜日/行先:奈良県五條市西吉野町賀名生地区/集合:近鉄 福神駅/定員:16名/参加費用:¥7、000/<費用に含まれるもの>/福神駅集合時より解散時までの交通費/農悠舎王陰堂の古民家でいただく昼食/柿の葉寿司つくり体験(お寿司5個おみやげ)/柿とり(富有柿5個おみやげ)//<お問合わせ>/若王子倶楽部左右[http://www.sayuu.jp]/ 075-708-2086 (10~18時)水曜定休 /info@sayuu.jp/ 2015-04-12 2015-04-12 2015-04-12 かぐや姫のうつわ展 2015/03/30 tag:sayuu.jp-items,1408251275 左右ではお月見の時期にあわせて/「かぐや姫のうつわ展」を9月6日~10月6日まで開催いたします。/竹をテーマに作品づくりをつづける柴田恭久さんと、宝物のようなうつわずくりをなさる宮里絵美さん。ふたりのうつわを中心に、竹のモチーフや竹素材、月をイメージする作品、かぐや姫が喜びそうな作品を集めて展開いたします。//出展作家: 植田千香子 柴田恭久 島本恵美 藤岡圭子 宮里絵美 / 2015-03-30 2015-03-30 2015-03-30 輝夜姫茶会 2014/12/06 tag:sayuu.jp-items,1408251070 「輝夜姫茶会」9月7日(日)/朝の茶10:00~12:00 昼の茶14:00~16:00 夜の茶18:00~20:00/各回定員10名  おひとりさま3,000円/日本画家 田能村直入/別号 竹翁(1814-1907)の旧居・蔵座敷にて/かぐや姫の物語をたどりつつ、月にまつわる茶のひとときをご用意いたします。/お茶を淹れる人/・堀口一子(茶絲道チャースールー) http://atelier-michaux.com/event/AM/IH_01.html/・横山晴美(好日居) kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com//・お菓子(とま屋)/予約申込:若王子倶楽部左右075-708-2086 info@sayuu.jp 2014-12-06 2014-12-06 2014-12-06 象彦 蒔絵 2014/08/03 tag:sayuu.jp-items,1406950358 <br style="clear:both" />/作者:象彦 <a href="./p005_detail.html?search=%E4%B8%AD%E6%9D%91+%E7%9C%9F%E7%B4%80+%EF%BC%8F+zohiko"><span class="smaller blue">Profile ≫</span></a> 2014-08-03 2014-08-03 2014-08-03 【繕い】を暮らしにとりいれる 2015/04/12 tag:sayuu.jp-items,1405826108 //////////////////    /   /  服の繕い、道具の繕い、器の繕いに本の繕い…/  壊れたら直すより新しいものに買い替えてしまう時代だからこそ、/  ものに込められた思いを大切にしながら、/  一緒に時を重ねていく暮らし方を見直してみたいと思います。//  いろんな【繕い】がありますが、まずは器の繕い、金繕い(金継ぎ)から…。/  /   金繕いは、茶の湯が盛んになった室町時代に/  割れた器をあえて金で強調して繕い、/  でてきた新しい景色をたのしむという/  日本人独自の美意識から生まれた技法です。/    /   もと通りにする修復とちがい、壊れる前より味わい深く、/  よりいいものにする【繕い】。/  繕うことで新たないのちを吹き込み、世界で、ただひとつ/  自分だけのものが生まれます。/  繕って愛着の増したものを使って、手入れをして、いつかまた繕って…。//  【繕い】は、/    手間をかけることで生まれるひととものとの豊かな関係を教えてくれます。/ /   ものだけでなく、こころも繕う、/  そして自分の暮らしをすこし楽しく豊かにしてくれる。/  そんな【繕い】を一緒にはじめてみませんか。//   おうちの中にある欠けたままになっているお皿や割れてしまったたいせつな器。/  棚から取り出してぜひ一度もってきてください。/  不定期ですが左右で【繕い】をしています。/  お気軽に見にいらしてください。//   また、今後うつわだけでなく様々なものの【繕い】をしていきます。/  そちらもどうぞお楽しみに…。         / 2015-04-12 2015-04-12 2015-04-12 梅雨時の宵、蛍を探しにいきましょう… 2015/07/24 tag:sayuu.jp-items,1402581532 蛍の宵、若王子倶楽部左右では、/美味しいお酒と肴をご用意してお待ちしております。//哲学の道 疎水の蛍がみえるまでの、/暮れていくひとときをたのしみましょう…。//お酒とラベルの書は錦の酒屋、津之喜(つのき)さん、/肴は料理人であり漆芸家の<a href="./p005_detail.html?search=%E8%B6%B3%E7%AB%8B+%E5%BA%B7%E5%BA%B8+%EF%BC%8F+Adachi+Koyo">足立康庸さん</a>です。//<span class="red smaller">≪終了いたしました≫</span>/ 2015-07-24 2015-07-24 2015-07-24 ほんものの 美味しい をもとめて… 2014/12/06 tag:sayuu.jp-items,1402811749 ほんものの”美味しい”をもとめて/奈良、吉野の自然をあそびましょう//【日 時】 6月29日(日)<span class="red smaller">≪終了いたしました≫</span>/【定 員】 25名/【行 先】 農悠舎 王隠堂 (奈良県五條市西吉野)/【参加費】 おひとりさま 5,000円 (昼食代込)//有機栽培の梅1㎏ 自作の梅ジュースのお土産と、/料理家の麻さん特製 梅味噌のレシピつき! 2014-12-06 2014-12-06 2014-12-06 石田滋圭 京焼 2015/04/18 tag:sayuu.jp-items,1405260247 /石田滋圭さんは、京都宇治の炭山に窯を構える京焼の職人さんです。 2015-04-18 2015-04-18 2015-04-18 入荷情報 2015年6月12日 藤平寧さん 2015/10/15 tag:sayuu.jp-items,1403865056 <div><br></div><div>藤平寧さんの鳥が新たに左右のなかまに加わりました。</div><div>尾羽の特徴的な鳥さんです。<br style="clear:both"><br></div> 2015-10-15 2015-10-15 2015-10-15 箸置き「四季」 2015/03/30 tag:sayuu.jp-items,1403864704 <br style="clear:both" />/作者:澤村 陶哉 <a href="./p005_detail.html?search=%E6%BE%A4%E6%9D%91+%E9%99%B6%E5%93%89+%EF%BC%8F+Sawamura+Tosai"><span class="smaller blue">Profile ≫</span></a> 2015-03-30 2015-03-30 2015-03-30 色ガラスのうつわ 2014/07/13 tag:sayuu.jp-items,1403858166 <br style="clear:both" />/作者:中村 真紀 <a href="./p005_detail.html?search=%E4%B8%AD%E6%9D%91+%E7%9C%9F%E7%B4%80+%EF%BC%8F+Nakamura+Maki"><span class="smaller blue">Profile ≫</span></a> 2014-07-13 2014-07-13 2014-07-13 澤村 陶哉 / Sawamura Tosai 2014/08/28 tag:sayuu.jp-items,1403768093 <p class="smaller f_right"><a href="./p005_detail.html?search=Tosai+Sawamura"><span class="red">≪English≫</span></a></p><table><tbody><tr><td width="70">1951年</td><td>二代陶哉の長男として京都・清水に生まれる</td></tr><tr><td width="70">1970年</td><td>十年間、五条坂共同窯(登り窯)で研修</td></tr><tr><td width="70">1985年</td><td>京都府瑞穂町に「臥竜窯」(登り窯)を築窯</td><tr><td width="70">1995年</td><td>三代陶哉を襲名</td></tr><tr><td width="70">2004年</td><td>滋賀県日野町清田に臥龍窯を移築</td></tr><tr><td width="70"></td><td>京都伝統陶芸家協会会員</td></tr></tbody></table> 2014-08-28 2014-08-28 2014-08-28 林 紅村 / Hayashi Koson 2014/08/10 tag:sayuu.jp-items,1403759787 紅村窯主催(三代目)/1940年、京都に生まれる。/京都市立芸術大学彫刻科 卒業。/28歳で本格的な陶芸の活動を始める。/主に白磁、青磁を中心とした制作を行う。/京都デザイン優品選定。 2014-08-10 2014-08-10 2014-08-10 藤平 三穂 / Fujihira Miho 2016/03/07 tag:sayuu.jp-items,1403746542 <table><tbody><tr><td width="70">1965年</td><td>京都に生まれる</td></tr><tr><td width="70">1988年</td><td>同志社大学文学部美学 芸術学科卒業</td></tr><tr><td width="70">1995年</td><td>陶芸をはじめる</td><tr><td width="70">2000年</td><td>イタリア フィレンツェに留学、モザイクをはじめる</td></tr><tr><td width="70">2001年</td><td>イタリア ラベンナ Centro Formazione Professionale モザイクコースに入学</td></tr><tr><td width="70">2009年</td><td>Mosaicista posatore Mosaicista Professionale 両コースを修了</td></tr><tr><td width="70"></td><td>以後個展、グループ展を数多く開催</td></tr></tbody></table> 2016-03-07 2016-03-07 2016-03-07 渡部 味和子/ Watanabe Miwako 2014/08/03 tag:sayuu.jp-items,1403744245 <table><tbody><tr><td width="70">1969年</td><td>大阪に生まれる</td></tr><tr><td width="70">1990年</td><td>京都芸術短期大学 陶芸学科卒業</td></tr><tr><td width="70">1992年</td><td>京都精華大学美術学部 陶芸専攻卒業</td><tr><td width="70">1993年</td><td>滋賀県立陶芸の森創作研修生修了</td></tr><tr><td width="70">2008年</td><td>京都工芸ビエンナーレ自由部門大賞 受賞</td></tr><tr><td width="70">2009年</td><td>石川県立九谷焼技術研修所 実習科加飾専攻科修了</td></tr><tr><td width="70">2010年</td><td>第20回秀明文化基金賞 受賞</td></tr></tbody></table> 2014-08-03 2014-08-03 2014-08-03 中埜 暢人・朗子/Nakano Nobuhito Saeko 2014/08/28 tag:sayuu.jp-items,1403680756 <table><tbody><tr><td colspan=2>中埜暢人</td><td></td></tr><tr><td colspan=2>京都五条坂で生まれる</td><td></td></tr><tr><td width="70">1977年</td><td>武蔵野美術大学卒業</td></tr><tr><td width="70">1978年</td><td>石川県山中町立漆器研究所にて轆轤挽きを習う</td></tr><tr><td width="70">1979年</td><td>家業の唐木木工芸を継ぐ</td></tr><tr><td style="height:1em"></td></tr><tr><td colspan=2>中埜朗子</td><td></td></tr><tr><td colspan=2>東京に生まれる</td><td></td></tr><tr><td width="70">1980年</td><td>東京女子大学卒業</td></tr><tr><td width="70">1984年</td><td>松久宗教芸術院截金教室で截金習得</td></tr>/</tbody></table> 2014-08-28 2014-08-28 2014-08-28 谷口 一也 / Taniguchi Kazuya 2016/04/26 tag:sayuu.jp-items,1403676380 <table><tbody><tr><td width="70">1943年</td><td>京都市生まれ。</td></tr><tr><td width="70">1961年</td><td>京都府立桃山高校卒業。</td></tr><tr><td width="70">1987年</td><td>リブアート設立</td></tr><tr><td width="70">1989年</td><td>第4回 ShopSystemCompetition 89(複合商業ビルディング/SACRA)入賞。</td></tr><tr><td width="70"></td><td>ミラノサローネにも数多く出展。</td></tr><tr><td width="70">2016年</td><td>COMMON相談役に就任。</td></tr></tbody></table><!-- --> 2016-04-26 2016-04-26 2016-04-26 足立 康庸 / Adachi Koyo 2014/11/17 tag:sayuu.jp-items,1403675427 京都生まれ。幼少期に父、足立正之助より日本画と書を習う。//東山高台寺鷲ヶ谷の麓に京料理の店を営む傍ら、心をやすめる趣味として創作活動を行う。/ /50歳をすぎてから漆芸をはじめる。//2014年より、料理と作品を一体とした世界を蒔絵工房・和食処康庸を拠点に発信予定。 2014-11-17 2014-11-17 2014-11-17 象彦 / Zohiko 2015/01/17 tag:sayuu.jp-items,1403668496 寛文元年(1661年)象彦の前身である象牙屋が開舗。                  漆器道具商としての道を歩みはじめる。//朝廷より蒔絵司の称号を拝受した名匠・三代目彦兵衛が/晩年描いた蒔絵額「白象と普賢菩薩」が評判となり、                  人々はこの額を象牙屋の「象」と彦兵衛の「彦」の二文字を取り、           「象彦の蒔絵額」と呼んだ。//それ以来の通りなが時を経て、また信頼を深めて今日に至っている。 2015-01-17 2015-01-17 2015-01-17 植田 千香子 / Ueda Chikako 2014/09/19 tag:sayuu.jp-items,1403511404 <table><tbody><tr><td width="70">1981年</td><td>京都に生まれる</td></tr><tr><td width=""70"">2003年</td><td>日本伝統工芸近畿支部展入選</td></tr><tr><td width=""70""></td><td>日本伝統工芸金工展入選</td>/<tr><td width=""70"">2004年</td><td>京の若手職人海外派遣事業に参加</td></tr><tr><td width=""70"">2005年</td><td>日本伝統工芸展初入選</td></tr><tr><td width=""70"">2007年</td><td>京都美術工芸新鋭選抜展出品</td></tr><tr><td width=""70"">2008年</td><td>日本伝統工芸近畿展</td></tr><td width=""70""></td><td>大阪府教育委員会賞 受賞</td></tr><tr><td width=""70"">2009年</td><td>日本煎茶工芸展</td></tr><td width=""70""></td><td>日本煎茶工芸協会賞 受賞</td></tr><tr><td width=""70"">2014年</td><td>日本伝統工芸近畿展</td></tr><td width=""70""></td><td>滋賀県教育委員会教育長賞 受賞</td></tr></tbody></table>/ 2014-09-19 2014-09-19 2014-09-19 河野 甲 / kono ko 2014/11/08 tag:sayuu.jp-items,1403494067 <table><tbody><tr><td width="70">1956年</td><td>愛媛県宇和島市生まれ</td></tr><tr><td width="70">1977年</td><td>京都嵯峨短期大学 洋画科卒業</td></tr><tr><td width="70"></td><td>皮革造形家 石丸雅道に師事</td></tr><tr><td width="70">1984年</td><td>京都にて造形作家として独立</td></tr><tr><td width="70">1991年</td><td>奈良県に移住</td></tr><tr><td width="70">1995年</td><td>3Dイラストレーターズアワード銅賞</td></tr><tr><td width="70">2000年</td><td>京都府に移住</td></tr><tr><td width="70">2007年</td><td>大阪ライフスタイルコレクション</td></tr><tr><td width="70"></td><td>メインビジュアル担当</td></tr><tr><td width="70">2009年</td><td>日本パッケージデザイン大賞銀賞</td></tr></tbody></table> 2014-11-08 2014-11-08 2014-11-08