若王子倶楽部 左右

Concept

時を経ても輝き続ける日本の良きもの、嬉しきもの。
「今骨董」
左右は、長く見過ごされてきた日本の暮らし方や
コト・モノに問いかけ、
心豊かなライフスタイルをご提案致します。
日本の「美しき心」を今、そして未来へ繋ぐために。

若王子倶楽部は、江戸末期から明治にかけて活躍した文人
画家・田能村直入が晩年を過ごした寓居跡にあります。
四季折々に表情を変える哲学の道。その一瞬一瞬を大切に、
京都人が「あたりまえ」にしてきた価値観を再評価し、
今のスタイルで捉え直す。
そんなチャレンジを皆様とともに
実現していきたいと考えています。

「左右」 Kougei Gallery 1F

京都人の暮らしに寄り添い、歴史を見つめてきたモノ。
そのメッセージを今の暮らしに合ったカタチでご提案します。
使うことにより思い出や歴史が刻まれるモノ。それは命を
吹き込むことであり、私たちはこれを「今骨董」と名付けます。

「若王子倶楽部」Salon 2F

日本独自の美意識や哲学、暮らしの知恵を育んだ「京都」。
近代西洋文明に代わる新たな価値の創造が求められている今、
世界目線でモノ・コトを捉え、インキュベートする都市・
京都に、大きな期待が寄せられています。
日本全体が同質化してしまったなかで、京都にとって当たり前で
あった京都の「知」、京都人が培った「知恵」をブレンドする場。
国籍や年齢、性別、ジャンルを超えて多彩な
人々が自由に集い、
次代を孵化する構想を
語り合うサロンです。

↑