若王子倶楽部 左右

Creators

市岡和憲 <京都・美山>


KAZUNORI ICHIOKA
「職人としての進化を求めて・・・」

 煎茶道具の窯元、村田亀水氏に師事し、現在は京都府美山町で作陶している市岡氏は、
 和菓子屋の家に生まれ育ちました。子どもの頃から菓子作りの手伝いをしてきた経験で
 培った感性が、作品づくりに大きく影響しているといいます。

 穏やかにゆっくりと話す市岡氏は、職人から作家としての道を歩みだした時のことを
 こう語ります。
 パソコンやIT産業の発展が目覚ましくなってきた時、時代とは反対にある手仕事で
 近代工業化技術を越えたいという思いが芽生え、2008年頃から公募展に応募するように
 なりました。

 しかし、勉強を積極的にするも結果を出せず、悩みぬいた日々が続きます。“これがだめなら
 陶芸を辞めよう”と思ったことも。そんな時、「必ず見ている人がいるよ」という声をかけて
 もらい、力強い励みとなり、ついに入選を果たします。

 職人としての進化を望む市岡氏。儚さや朽ちていくものの中に美を見出す文化を日本らしさと
 とらえ、限りなくシンプルな造形、見飽きない、自分らしいもの作りをしていきたいと
 語ります。銘を入れずとも自分の作品とわかるものを作るという、精進の精神が光ります。

 どのお茶を急須に淹れ、何を皿に載せようかと想像が広がるような遊び心のある作品に、
 今後の市岡氏の進化が楽しみです。

略歴
↑

FOLLOW SAYUU

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © SAYUU. All rights reserved.