若王子倶楽部 左右

Creators

植田 千香子


Ueda Chikako
「金属の魅力を伝える職人になりたい」

幼いころから金属工芸作家である父・参稔氏の仕事に接してきた植田氏、大学卒業後ごく自然に工房に入り鍛金を学びます。金属を熱し、鎚で打っては延ばすという伝統技法の鍛金は、何百回何千回と繰り返すことで形づくられ、技だけでなく、力と体力が求められます。女性にはきつい仕事と言われますが、金属と丁寧に向き合うことで、結果ひとつの作品が生まれると語る植田氏は「金属の魅力を伝えられる職人のひとりになりたい」と。
茶道具や香炉、花器などの他、ミルクパンやベル、器などの暮らしの道具にも取り組み、作品からは母親ならではの優しさと温もりが伝わってきます。“子育てが楽しい”という表情をみせながら「自分にしかできない仕事をしたい」と、新たな可能性に挑戦しています。

略歴
1981年 京都に生まれる
2003年 日本伝統工芸近畿支部展入選
日本伝統工芸金工展入選
2004年 京の若手職人海外派遣事業に参加
2005年 日本伝統工芸展初入選
2007年 京都美術工芸新鋭選抜展出品
2008年 日本伝統工芸近畿展
大阪府教育委員会賞 受賞
2009年 日本煎茶工芸展
日本煎茶工芸協会賞 受賞
2014年 日本伝統工芸近畿展
滋賀県教育委員会教育長賞 受賞

 

↑

FOLLOW SAYUU

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © SAYUU. All rights reserved.