若王子倶楽部 左右

Information

「文化交流 → モノ作りに活かす」

 

 左右では工芸を通じて海外との文化交流を進めようと、

 昨年暮れには紫砂急須で有名な宜興、南京、上海を訪れ、

 現地の職人らから多くの刺激を得ることができました。

 

 今回のテーマは「日本の工芸の魅力は」、

 そして「日本の良さをどのように伝えていくか」。


 まずは美山で作陶している市岡さんに美山の新茶を

 淹れて頂き、参加者が持参した茶杯でお茶を

 愉しみました。

 


 日本の工芸が出来上がる室町時代、”この作風は今にどういかされているか” ”中国の宋時代の工芸との関係は”

 など、それぞれの経験や視点から様々な話が繰り広げられました。

 中国をはじめ、世界の国、人、暮らしを理解し、モノづくりに活かしていくことを共有したひとときでした。

 



 

 

↑