若王子倶楽部 左右

Information

木目の美しさ

 

 鑿や鉋を使って、自由にフォルムをつくりだす

 ”刳りもの”という技法の小箱。
 
 漆をかけることで、ダイナミックな欅の木目が
 浮かび上がります。またそれとは対照的に、
 メタル調にしっとりと光る蓋。
 
 これを作ったのは木工芸家の甲斐幸太郎氏。
 日本生まれの木を愛する一方で、海外の木の
 木目の面白さをも楽しみます。

 


 
 光の当たり具合で、様々な表情をみせる鑿の表現と、この上なく滑らかで美しい曲面を生みだす鉋の技。
 
 甲斐氏の作品が初めて左右に届きました!(他に皿、盆、飾り鉢、酒器等あります)

↑