若王子倶楽部 左右

Our Story

「秋を映す」

山々が毛糸玉のように色づき、左右の庭にも
落ち葉がはらはらと落ち、色の美しさに
心を奪われます。
ちょうど手に取った葉っぱが秋を映す器の
絵と重なり、心が動きだす。
それはこの器が心を自然への関心へと導き、
また自然がこの絵の美しさから生まれる感動へと
誘うかのよう。
ものを通して見えてくる世界が広がります。

↑