若王子倶楽部 左右

Our Story

葛飾北斎の祈り

 雨がしとしと降っている京都・哲学の道。
 左右ではゆったりジャズが流れています。

 先日、本を読んでいると江戸時代後期の浮世絵師、
 北斎について書かれている記事を発見しました。
 90年の生涯を通して3万点以上の作品を描いたそうです。

 

 ”八十才でさらに成長し、九十才で絵の奥意を極め、
 百才で神妙の域に達し、百何十才になれば一つの点、
 一本の線がまるで生きているようになるだろう。
 願わくば、長寿の神様に、私のこの言葉が妄言では
 ないことをご覧にいれたい。”

 

 北斎の祈り、描かれた動物の鋭い眼差しは、何歳になっても鎮まることのなかった、北斎自身の描くことに対する

 情熱の眼差しに感じられました。

↑