若王子倶楽部 左右

Our Story

一本の美しい線をめぐって

 底の形、あるいは口の形を削るために、台に開けた

 穴にはめ込んだ時についた線ではないかと、

 安芦オーナーは研究者と話をしたそうです。


 しかし、澤村氏は作り手だからこそわかる異なる

 見方をします。


 澤村氏:
 「(底に近い部分の)3点を指でもって釉薬をつけた指跡が

 残っていて、量産とは思えないほど、丁寧に作られて

 いることがわかります。

 それほど高度な技を感じることができ、また線は轆轤を挽いて、生地が柔らかいうちに入れられたものです。」


 安芦オーナー:
 「当時のことを考えると実用性を重視した時代なので、美的な意味合いで線を入れることは考えにくい(火薬を

 入れるために作られ、日常の器はもっと厚手であるため)。
 そうすると、台に置いた時にその線がつくと考えることが自然かもしれません。」


 先人が創りだしたものを通して、お互いの知識を出し合い、共に謎を解き明かす時間。
 どちらの見解も頷けるもので 、熱いやり取りが続きます。

 それは国を超えて、時空を超えて、私たちが先人と出会うことができる瞬間。


 最後は「今度、お互いに資料などを用意して、日本でこの話の続きをしましょう」と笑顔で幕を閉じました。

 この壷をつくった職人は、この様子を見ながら、嬉しそうに微笑んでいるようにも感じられ、次回の文化交流が

 楽しみです。

 

↑