若王子倶楽部 左右

Our Story

北京にて中国と日本の文化交流

 左右は中国へ渡りました。

 「工芸は中国、日本、韓国が同時に築き上げてきた

 もので、 どこの国が偉いというわけではなく、

 それぞれが影響し合い、発展してきました。」


 宗の時代の文化研究で著名な安芦オーナーの言葉から

 工芸展初日がスタートします。


 京焼・3代 澤村陶哉氏率いる澤村陶哉工房、平安時代に

 日本を代表する焼き物の産地だった亀岡で取り組む

 吉井史郎氏、日本六窯のひとつ備前焼の伊勢﨑紳氏、

 創業100年余りの竹工芸・中野竹藝の作品が並びます。作り手が伝統技法を受け継ぎ、何十年と積み上げてきた

 技を礎に、それぞれの世界観が表現された京焼、備前焼、竹工芸。かつて中国でもそのような創造性のあるものが

 つくられていた世界がありました。 

 しかし、現在では言われたことをきちんとつくるだけで、表現という部分は消えつつあると安芦オーナーは話し

 ます。


 中国から伝えられ、まだ日本に残る技と表現の数々を、今度は日本から中国へ渡った時に中国の工芸がどのように

 変化していくのでしょうか。その変化を望むギャラリー安芦の方々、そしてお客様の熱い思いに胸を打たれました。

 

↑