若王子倶楽部 左右

Our Story

北京の安芦にて

 再び安芦にて。

 穏やかに佇む素朴な雰囲気の急須や小さな壷。
 その姿はある種独特の空気感を放ち、不思議と心が

 惹きつけられます。


 これらは福建省で出土したもので、鉄分を多く含む良質な

 土でつくられています。時代は宋や民の時代のもの。


 小さな壷は宋の時代(960-1279年)、火薬を入れ、

 そのまま投げ入れるために生地が薄く挽かれています。


 「このような類の多くが日本で唐物の茶入として使われたのですが、それは何故ですか?」

 安芦のオーナーが京焼作家・澤村氏に尋ねます。


 「小さくても完璧な美しさがあり、そのサイズを例え大きくしたとしても尚、美しいからです。自分が見てもやはり

 そう思います。」


 今度は澤村氏からの質問が投げかけられます。


 「唐物によく見られる側面に入っている線ですが、火薬を入れるのに何故、(装飾のような線が)入っているの

 ですか?」


 一本の線は、全体の雰囲気を束ねるかのように美しく、絶妙な位置に入れられています。

 (次の記事へつづく)

 

 

↑