若王子倶楽部 左右

Our Story

感謝をこめて

 田んぼでは稲穂が実り、まもなく収穫を迎えるこの季節。

 

 土、太陽の光、水、雨、風、土地の空気。

 数ヶ月もの間、自然と人の手によって作られ、私たちは

 その恵みをいただきます。

 

 魚、野菜、牛、鳥など生きとし生けるものを食べなくては

 生きていけない人間の性。

 

 

 

 そう思うと、命をいただくことへの、育てて下さった方、手もとに届くまでに関わって下さった方、料理をして

 下さった方、そして今ここに生かされていることへの感謝に、改めて気づかされます。

 

 感謝をこめて、「いただきます」。

 

 

 <Work by Hirokazu Kato & Sawamura Tousai>

↑