若王子倶楽部 左右

Our Story

明治150年~美術家 田村友一郎が田能村直入と出会う

京都市立芸術大学の前身である京都府画学校の設立に携わり初代校長を務めた日本画家・田能村直入を辿りながら、新たな物語を紡ぎ出そうと、7月21日から京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで展覧会「叫び声/Hell Scream」が開催されます。

 

 

この展覧会の企画に携わる美術家の田村友一郎さんが直入の寓居跡である若王子倶楽部左右を訪れ、煎茶文化の発展に貢献した直入を偲ぶ茶会が開かれました。田村さんは映像やインスタレーションなどの多彩な手法で創作活動を展開しており、掛け軸、直入の絵付け茶杯でお茶を愉しみながら、新たな時代の構築に取り組んだ先人の歴史に思いを馳せました。

 

撮影:田村友一郎

 

撮影:田村友一郎

 

市立芸大は2023年JR京都駅東の崇仁地域に移転することになっており、展覧会のテーマも「移動」ということ。わが国初の画学校設立に向けて尽力した直入が田村さんによってどう表現されるか、今から楽しみです。

 

 

 

 


明治150年・京都のキセキ・プロジェクト/京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品活用展
田村友一郎「叫び声/Hell Scream」
http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20180721_id=12630#ja

↑